/1月の移籍マーケットでのレヴィとモウリーニョの優先事項と補強選手

1月の移籍マーケットでのレヴィとモウリーニョの優先事項と補強選手

新しい右サイドバックが加入すれば、新たな選択肢がモウリーニョに与えられる。その新戦力がオーリエに取って代わるか、ポジション争いによってオーリエがより高いパフォーマンスを安定して披露できるようになる。

スパーズは、ノリッチの20歳マックス・アーロンズを狙っているクラブの一つであり、獲得には約3000万ポンドが必要とされている。アーロンズであれば「大きなポテンシャルを持ち、数年後に移籍金における価値を落とすことはほぼない」ため、レヴィ会長の補強方針に適っている。

左サイドバックはローズとデイビスが離脱しているため、ヤン・フェルトンゲンとライアン・セセニョンがここ数週間、プレー時間を増やしている。今月、動きがあるポジションではないだろう。

センターバック

スパーズが守備の問題を露呈しているものの、ゴールキーパーと同様に夏に入れ替えを検討されるポジションだ。

モウリーニョ監督がクラブの長期計画の一環としてダヴィンソン・サンチェスとフォイスをどのように見ているかに大きく依存するだろう。ノリッチ戦で失点に繋がるミスを犯したフォイスを、それ以降メンバー外にしているモウリーニョだが、そのミスの前にフォイスについて「冬の移籍はない」とモウリーニョは語っていた。

エリック・ダイアーは、モウリーニョのもとでこれまでの試合で出場機会を増やしている。

トビー・アルデルヴァイレルトの未来はついに解決されたが、フェルトンゲンの未来は解決しておらず、今シーズンの彼のパフォーマンスが期待を下回ってしまっていることが風向きを怪しくしている。

今後、トッテナムは守備の中核を担うに新らしい血を必要とするだろうがが、今月、フェルトンゲンが新天地に向かうことがない限り、夏を待たずにこのポジションで補強が実現する可能性は低いだろう。

Tottenham Hotspur