/1月の移籍マーケットでのレヴィとモウリーニョの優先事項と補強選手

1月の移籍マーケットでのレヴィとモウリーニョの優先事項と補強選手

ゴールキーパー

このポジションは、多くのクラブが夏に入れ替えを検討する。

ウーゴ・ロリスは来月、肘の怪我から復帰することが期待されており、復帰後の調子次第で次の夏の動きの要否が決まるだろう。

しかし、今のところ、パウロ・ガッザニーガは、ロリスが復帰するまでの間は守護神を務め、さらにベテランのミシェル・フォルムが今シーズン終了まで控えることになる。若手キーパーのアルフィー・ホワイトマンとブランドン・オースティンが新しい契約を締結しており、この冬はゴールキーパーの補強が優先事項にはならない。

サイドバック

このポジションは、まず放出があればその後の補強が起こりうる。

昨年の夏の時点で、それまでの不安定なパフォーマンスもあってトッテナムを離れたいという願望を持っていたが、現時点で右サイドバックのセルジュ・オーリエが放出になることはないだろう。

しかし、ウォーカー・ピータースはプレー時間を必要としており、最近の怪我もあって、モウリーニョにまだ十分にアピールできていない状況だ。

これまでの長期に渡って自身のキャリアの成功のためにもローン先で経験を積むことが必要とされてきたが、クラブがここで十分なクオリティを持つ右サイドバックを補強できると考えるのなら、ウォーカー・ピータースはついにローン移籍によってプレー時間を得ることができるだろう。

なお、モウリーニョは、フアン・フォイスが右サイドバックでプレーできるものの、彼が望む攻撃的な資質は持っていない、と語っていた。