/ジェンナ・スキラッチ:FA女子スーパーリーグへの昇格の喜び

ジェンナ・スキラッチ:FA女子スーパーリーグへの昇格の喜び

今週水曜、イングランドの女子トップリーグであり、世界最高峰のFA女子スーパーリーグへの昇格を決めたスパーズ・レディース。キャプテンで最長在籍年数を誇るジェンナ・スキラッチがその喜びを明かしている。

 

水曜の夜にアストンビラと引き分けたことにより、来シーズンからFA女子スーパーリーグに昇格することが決まったスパーズ・レディース。

2試合を残して1ポイントでFA女子チャンピオンシップ(2部)からの昇格が決まる状況で迎えたビラ戦は、カレン・ヒルズのゴールによってアストンビラに1-1の引き分けとなっている。

この結果を受けて、スパーズはマンチェスター・ユナイテッドと共に3位ダーラムとの勝ち点差を4ポイントとして1試合を残し、昇格を決定。

スパーズ・レディースのキャプテンを務めるジェンナ・スキラッチは、試合の翌朝(木曜の朝)に自らのツイートで、チームの輝かしい未来について語っている。

 

私達は夢を掴んだ!この素晴らしいクラブでの10年間、毎年が成長の連続だった。

コーチはいつも「限界など無い」と私達に言い聞かせて、信念と情熱、そして大きな努力を費やして成し遂げることができた。

本当に夢が叶ったんだ。

これからトッテナム・レディースにはどれだけ素晴らしい未来が待っているのでしょう。

 

クラブに最長期間在籍するディフェンダーのジェンナ・スキラッチは、この10年間にチームの成長に携わったすべての人たちへの感謝を述べている。

「このクラブに関わってきたすべての人への感謝の気持ちで溢れているわ。私たちにとって大変なシーズンだった。スタートは好調で、1月には昇格圏内にいたけど、1月からは調子を崩してしまった。でも、今夜、昇格を決めることができたの。あと1ポイントが必要だって分かっていたから、素晴らしい気持ちよ。本当に信じられないわ」

「10年前、私はただフットボールが好きだったからプレーをし始めたの。今のような状況を夢にも思っていなかったわ」

「クラブがスタートした当時から今の状況にまで辿り着いたことを考えると、スタッフや25年前にスパーズ・レディースを立ち上げたグレン(ウィーバー会長)の多大なる貢献がただただ素晴らしい」

「凄いことなの。私には言葉が無いほどね。みんなをとても誇りに思うわ。これだけ才能に溢れた選手たちのいるチームのキャプテンであることを強く誇りに感じています」