/無観客の期間に最高の成績を収めていたトッテナムだが、ファンが戻ってくる影響は?

無観客の期間に最高の成績を収めていたトッテナムだが、ファンが戻ってくる影響は?

今週日曜日に行われるノースロンドン・ダービーで2,000人のスパーズ・ファンがトッテナム・ホットスパー・スタジアムに戻ってくる予定だが、現在のチームはファンがいない無観客のスタジアムで好調を維持してきた。

クラブは、入場料収入を得るためにファンの来場を必要としており、もちろん轟音があがるて満員のスタジアムは、トッテナムがシーズン無敗だったホワイトハート・レーンの最後シーズンのような大きな違いを生み出すことができる。

しかし、ジョゼ・モウリーニョは、ファンがスタジアムに戻ることを切望していると繰り返し述べているが、実際のところ無観客が続く中でスパーズはそれを生かして非常にうまくやっている。

現在、スパーズはプレミアリーグの首位に立っており、さらに昨シーズンの途中にフットボールが中断した後、プレミアリーグが再開し、無観客になっての試合の結果をすべて含めてもモウリーニョのチームは最も勝ち点を稼いでいることになる。

プレミアリーグが無観客になってからの1試合あたり平均勝ち点

この表では、トッテナムはマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドが首位で並び、3つのチームは1試合あたり平均2.05ポイントを獲得している。

リバプールは1試合あたり2.00ポイントで4位。5位チェルシーが1.95点、6位サウサンプトンが1.85点、7位ウルブズが1.74点、8位ウェストハムが1.53点となっている。

スパーズのノースロンドンのライバルであるアーセナルは1試合あたり1.45ポイントで10位に位置している。