/リバプール対スパーズ:プレーヤー・レイティング/ダイジェスト動画

リバプール対スパーズ:プレーヤー・レイティング/ダイジェスト動画

プレミアリーグのリバプール戦でトッテナムは2-1で敗れた。

ハリー・ケインからの開始早々のヘッダーは、ノースロンドンのチームに活路を見出したように見えた。マウリシオ・ポチェッティーノのチームのリードを広げることができたかもしれないソン・フンミンの決定機だったが、そのショートはバーに当たって跳ね返った。

後半、ジョーダン・ヘンダーソンの同点ゴールとモハメド・サラのPKによるゴールがユルゲン・クロップのチームの勝利を決定付けた。

序盤の先制の恩恵を活かせなかったポチェッティーノは不満を感じているだろうが、その敗因は何人かの選手のパフォーマンすによるものだった。

以下がトッテナムの選手たちの評価だ。

パウロ・ガッザニーガ 9

アルゼンチン人ゴールキーパーは前半中盤、5分で4回のセーブを記録した。後半も同様の調子でプレーを続けたが、ヘンダーソンの同点ゴールに手を伸ばすことができず。視界が遮られていたようにも見えた。サラのPKではシュートが予想と逆だった。

セルジュ・オーリエ 4

試合は順調にスタートしたが、進むにつれて彼のプレーは次第に不安定になり、PKを与えた局面はひどく混乱した対応だった。マネからボールを取ったように見えたが、ピッチに倒れて立ち上がり、そこでボールを蹴る代わりに代わりにリバプールの選手の脚を蹴ってしまった。このプレーでは彼に責任がある。

トビー・アルデルヴァイレルト 8

ベルギー人は守備で多くのインターセプトを記録し、かつての輝きを取り戻していた。サンチェスと共に奮闘していた。

ダビンソン・サンチェス 8

あらゆる局面でファイトし、その強さを利用して守備ラインで多くのデュエルに勝っていた。センターバック同士のコンビネーションがうまくいったが、サイドバックが決定的な場面でずさんになったことに足元をすくわれた。

ダニー・ローズ 5

前半にシーズン5枚目のイエローカードを受けたため、来週末のエバートンとのアウェイ遠征は外れることになる。逆サイドからのクロスに、内側の選手に対応したことで、ヘンダーソンがリバプールの同点ゴールを生むための十分なスペースを与えてしまった。試合終盤に、8ヤードの距離から素晴らしいチャンスを掴むも、これを逃した。

ハリー・ウィンクス 6

必死にバトルし、タックルに身を投じ、バックラインの前でうまく守備していたが、自分の足元にあるボールをしっかりと扱うことができなかった。

Tottenham Hotspur