/クリスティアン・ロメロのスパーズ移籍もユベントスの不正疑惑の調査の対象に

クリスティアン・ロメロのスパーズ移籍もユベントスの不正疑惑の調査の対象に

イタリア当局がスパーズが夏に獲得したクリスティアン・ロメロの移籍手続きとクラブのマネージング・ディレクターであるファビオ・パラティチの役割を調査していることがわかり、トッテナムもユベントスの不正疑惑に巻き込まれることとなった。

スパーズは8月に4700万ポンドでアルゼンチン人ディフェンダーを獲得したが、これは彼がわずか1350万ポンドでユベントスからアタランタに買取オプションの行使によって移籍したのと同じ日であり、偽装会計の疑惑の中で警察が精査している42件の移籍の一つであるという。

昨夏にトッテナムの要職に就任し、ヌーノ・エスピリト・サントやアントニオ・コンテの監督就任にも尽力したパラティチは、アンドレア・アニェッリ会長やクラブのレジェンドであるパヴェル・ネドヴェドなど、今回の捜査対象となっている過去、現在のユベントス関係者6人のうちの1人である。

However, th

ユベントスがファイナンシャル・フェアプレー規定を遵守するために、2019年から2021年までの移籍金額を偽って計上していたという疑義を受けて、先週の金曜日にトリノとミラノのクラブ・オフィスが警察に家宅捜索され、選手の契約書、請求書、財務諸表などが証拠として押収された。

パラティチは、2年半前にジェノバからユベントスに移籍したロメロとの密接な関係を続けており、この夏にトッテナムに移籍させる取引に直接関与した。

ユベントスは2019年7月にジェノアに2,200万ポンドを支払ってロメロを獲得したが、直後にそのシーズンはローンでジェノアに戻している。