/スポルティングのバランダス会長:トッテナムのフザけたオファー

スポルティングのバランダス会長:トッテナムのフザけたオファー

スポルティング・リスボンのフェデリコ・バランダス会長は、この夏にブルーノ・フェルナンデスの獲得を狙ったトッテナムのオファーの内容に衝撃を受けたと明かしている。

39歳のバランダス会長は、先月、スパースはフェルナンデスに4000万ポンドの移籍金に加えて、マウリシオ・ポチェッティーノのチームがあるタイトルを獲った場合に追加の1800万ポンドを払うことを獲得オファーの条件に含めてきたと述べた。

しかし、バランダスはポルトガルのメディア「Visao de Mercado」のインタビューで、トッテナムがそのタイトルを獲れなければスポルティングが十分な移籍金を得られないことに不満があったと語っている。

「トッテナムから4500万ユーロの移籍金と2000万ユーロの追加ボーナスが獲得オファーの条件だった」

「その追加ボーナスは、トッテナムがプレミアリーグとチャンピオンズリーグで優勝した場合に発生するという条件だが、これは決して起こらないことだ」

「どのクラブも選手を売らなければならない。ベンフィカはベストプレーヤーのジョアン・フェリックスを売った。ポルトはエデル・ミリトンを売り、2大スター選手(ヘクトル・エレラとヤシン・ブラヒミ)をフリーで手放した」

Frederico Verandas believes 24-year-old Fernandes is the best midfielder in Europe

「スポルティングは売らなければならないのか? あぁ、そうだろう。それでも我々は、なんとかヨーロッパで最高のミッドフィルダーを保持することができた。これは偉業だよ」

「最高のストライカーはユベントスでプレーし、最高のゴールキーパーとディフェンダーはリバプールでプレーしている。そして最高のミッドフィルダーはスポルティングにいるんだ」

「信じがたいだろう? ポルトガルのフットボールの現実は、クラブが選手を売らなければならないということだ」

Tottenham Hotspur