/ソン・フンミン:4度目の「アジア最高の選手」を受賞

ソン・フンミン:4度目の「アジア最高の選手」を受賞

中国のスポーツ紙「タイタン・スポーツ」が主催し、スポーツ記者の投票で決定する2018年の「アジア最高の選手(Best Footballer in Asia)」に、クラブと代表で見事な活躍を披露したソン・フンミンが選出された。

2014年、2015年、2017年と過去に3度も同賞を獲得しているフォワードのソン・フンミンは、2017-18シーズンの後半戦に9ゴールw記録し、FAカッップでセミファイナルに進出、プレミアリーグを3位でフィニッシュしたスパーズに貢献。

その後、韓国代表として2018年のワールドカップ・ロシア大会に参戦。前回王者のドイツ代表からのゴールを含む2ゴールを記録するも、グループステージで敗退となっている。

2018-19シーズンの開幕のためにスパーズに戻ってきたアタッカーだが、間も無くインドネシアでの2018年アジア競技大会に韓国代表として参戦。同大会の7試合中6試合でプレーし、1ゴール、5アシストを記録。決勝の日本代表との試合でも1アシストを記録して、2-1の勝利に貢献した。

ノースロンドンに戻ってきてからも好調を維持したスパーズの背番号7。

10月のカラバオ・カップのウェストハム戦でシーズン初ゴールを記録して3−1の勝利に貢献し、さらに11月のチェルシー戦では単騎突破でサイドから切り裂いてゴールをあげると、同ゴールはプレミアリーグのゴール・オブ・ザ・マンスに選ばれている。

12月に入ると9試合に出場して7ゴールと大爆発。スパーズの好調と好成績を牽引している。

12月は、ハリー・ケインとともにプレミアリーグのEA SPORTSプレーヤー・オブ・ザ・マンスの候補者となっている。

 

Tottenham Hotspur