/次代のソン、ローズ、ジョレンテ…。ダニエル・レヴィを救うトッテナムの若者たち

次代のソン、ローズ、ジョレンテ…。ダニエル・レヴィを救うトッテナムの若者たち

トロイ・パロット

2月に18歳になったばかりのトロイ・パロットは、今では誰もが知るところとなった。

このストライカーはプレミアリーグ、FAカップ、リーグカップでデビューを果たし、ミック・マッカーシー監督からアイルランド代表での初キャップも与えられた。

プレシーズンでは、トップチームでトップレベルの相手と対戦し、誰もが感動するパフォーマンスを見せていた。

ヨーロッパ中の多くのクラブが注目しているなかでトッテナムと3年契約を結んだパロット。

パロットは今シーズン、スパーズのU-23、U-19、U-18で合計11試合に出場して11ゴールを挙げているが、モウリーニョはトップチームにストライカーがいなくても、「パロットはまだ準備ができていない」と主張し続けた。

モウリーニョは、若いアイルランド人アタッカーにはまだまだやるべきことがたくさんあり、そのうちに彼の時代が来ると述べている。トッテナムのファンはその時が来ることを望んでいる。

次代のロビー・キーンと呼ばれているパロットだが、どちらかというと背番号9のような存在であり、やがてハリー・ケインの重荷を背負わされることになるだろう。