/スパーズが論功行賞でソン・フンミンに昇給オファーを提示へ [Daily Mail]

スパーズが論功行賞でソン・フンミンに昇給オファーを提示へ [Daily Mail]

今シーズンのトッテナムでの大活躍から、ソン・フンミンがこの1年で2度目の昇給を勝ち取ることになりそうだとデイリーメイルが伝えている。

 

7月に5年契約を結んだばかりの韓国代表のソンに対し、スパーズの経営陣は来シーズンの開幕の前に新たな契約延長のオファーを提示するだろう。

デイリーメイルは夏に交渉がスタートすると予想し、マウリシオ・ポチェッティーノのチームのキーマンの一人であるソンのキャリア継続をスパーズは固めたい意向。

ソンの現在の週給は11万ポンド(およそ1600万円)だが、新たな契約延長オファーによってデレ・アリに迫る最大で15万ポンドの契約になる見込み。

タフ・ネゴシエーターとして知られるダニエル・レビィ会長だが、選手の功労に対してはそれに見合った報酬を与えるとの評判もある。10月以降、26歳のソンは公式戦23試合で16ゴールと大活躍している。

The Spurs hierarchy are ready to offer Son another new deal before the start of next season

さらにスパーズにとっての追い風として、ハリー・ケインが今週にもフル・トレーニングに復帰の予定。足首の負傷を抱えた当初の予定よりも2週間の前倒しとなる。すべてが順調に行けば、土曜日のバーンリー戦の招集メンバー入りが叶いそうだ。

 

Tottenham Hotspur