/ゴールド記者のファンとのQ&A:ソン、ダイアー、ベルフワインの最新情報とロメロ、ロチェルソ、サンチェスのチーム合流…

ゴールド記者のファンとのQ&A:ソン、ダイアー、ベルフワインの最新情報とロメロ、ロチェルソ、サンチェスのチーム合流…

土曜日に中盤が崩壊した後、クラブは控えストライカー、あるいは少なくともシソコの代役を獲得しなかったことを後悔していると思いますか?

アラスデア:スキップがシソコの代役だと思うので、その点についてはあまり心配していないが、土曜日には控えストライカーの不足が際立ったね。ケインは周りのサポートがないとはいえ、お粗末な出来で、彼の代わりやサポートできる選手がいなかった。

これまでの我々のパフォーマンスについてどう思われますか?我々クラブのモットーである「To dare is to do(挑戦なくして成功なし)」に合致していますか?攻撃的なフットボールを期待していたのですが、全く期待通りではないです。同じチーム、同じ戦術で、違う監督のもとでプレーしているようなものです。ウルブスのファンからは、「ヌーノはプランBを持っていないし、パレス戦で見られたようにサブメンバーの起用も渋りがちだ」と言われましたが、ヌーノの頑固さがとても気になります。

アラスデア:土曜日は攻撃力と創造性の点でひどいものだったと思うが、これまでの他の試合では、スパーズにもっと多くのゴールをもたらすことができたはずだ。新しい監督は、どんなフットボールをするにしても、まずしっかりとした基盤を作らなければならないが、ヌーノにはそのための時間が必要になる。昨シーズンのスパーズの基盤は脆弱だった。ヌーノにとっては、土曜日の試合では、試合前から離脱者が相次ぎ、それまで無失点だったディフェンスが、試合中のダイアーの負傷交代によってボロボロになってしまった。

スパーズにとっても、ヌーノにとっても、この日は、先発メンバーの選考もそうだが、試合中に思い切って選手を交代できなかったことが悪手だった。だが、彼は良いシーズンのスタートを切ったのだから、今回のパフォーマンスで攻撃面が悪かったからといって、それまでの評価を一変させないことが重要だ。彼自身が、スパーズに二度とあのようなプレーをさせてはならないことを知っているはずだからね。

GKがキャプテンを務めることについてはどう思いますか?誤解しないでほしいのですが、私はウーゴのことが大好きですし、クラブのレジェンドだと思っていますが、大事な場面でピッチ上のリーダーシップが欠けていると思います。ザハの件の後、誰かがタンガンガを落ち着かせる必要があるのは明らかでした。ここ何シーズンも、試合中の重要な場面で対処する手本となるリーダーがいない状況です。

アラスデア:正直なところ、ロリスは良いキャプテンだと思う。ファンのいないスタジアムで、彼がどのようにディフェンスをまとめているかをその声によって聞くことができた。ザハとの件でも彼がタンガンガを押しのけて、タンガンガに何か言っていたよ。

来年の夏にロリスが退団した場合、ハリー・ケインがキャプテンを引き継ぐのでなければ、ピエール・エミール・ホイヴィアがスパーズの長期的なキャプテンになる可能性はあると思うが、ロリスが悪いキャプテンだとは思わない。ワールドカップを制覇したキャプテンであり、またこのキーパーはディフェンダーにしっかりと声をかけているが、結果的にタンガンガが気合いが入れすぎていた。