/スカイスポーツ解説陣が混迷のトップ4争いの展望を語る、ユナイテッドの勢いが台風の目

スカイスポーツ解説陣が混迷のトップ4争いの展望を語る、ユナイテッドの勢いが台風の目

スカイスポーツの人気番組「サッカー・サタデー(Soccer Saturday)」の解説陣が、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、チェルシー、そしてトッテナムとの間で繰り広げられるトップ4争いについて議論した。

 

マンチェスター・ユナイテッドかアーセナルか。それともトッテナムかチェルシーか。シーズンをトップ4でフィニッシュするのはどのクラブになるだろう?

マンチェスター・ユナイテッドの復調、アーセナルのチェルシーからの2-0の勝利によって最近加熱しているチャンピオンズリーグ出場権の行方をサッカー・サタデーに出演する解説陣に解説してもらった。

さらに、1月3日にエティハド・スタジアムで絶好調のリバプールとシティが激突したが、5月になってプレミアリーグの覇権争いはどちらに転ぶのだろうか?

 

チャーリー・ニコラス:ユナイテッドの勢いが大きな助けに

週末のブライトン戦で良いプレーができなかったマンチェスター・ユナイテッドだが、求められた結果を手にしている。スパーズ戦もラッキーだったが、これこそが勢いというものだろう。

ポグバとラッシュフォードが話題になっている。それでも、彼らはつまらないミスを犯すし、守備には疑問符が灯る。モウリーニョ時代ほどマンチェスター・ユナイテッドは守備的ではなくなっている。

タレントは揃っており、危険な存在となりうる。ユナイテッドはこれからビッグゲームを控えており、ここでチームの結束を引き裂くことはできない。今、ユナイテッドには最も勢いがあるが、スパーズも終了間際の決勝ゴールで苦戦を強いられながら幸運を掴んだ。

私はマンチェスター・ユナイテッドにわずかばかりのアドバンテージがあると思うが、彼らの守備については信じていない。スールシャールのチームはアーセナルやチェルシーを退けてトップ4に分け入ってくる勢いがあるが、私は間違っているかもしれない。