/セルヒオ・レギロン:後半はこの一週間で練習してきた通りのチームになっていた [SpursOfficial]

セルヒオ・レギロン:後半はこの一週間で練習してきた通りのチームになっていた [SpursOfficial]

セルヒオ・レギロンは、リーズ戦での逆転劇を「メンタリティの変化」によるものと考えている。

日曜日にトッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われたプレミアリーグの試合では、ハーフタイムの時点でリーズに1-0でリードを許していたが、後半は別の展開になった。

後半の立ち上がり、ハリー・ケインが数秒のうちにポストを叩き、さらにソン・フンミンがクロスバーを叩く攻勢に転じ、58分にピエール・エミール・ホイヴィアが同点ゴールを叩き出したのも驚きはなかった。

その10分後には、エリック・ダイアーのフリーキックがポストを叩いて戻ってきたのを、セルヒオが競り勝って、スパーズでの自身初ゴールを決め、戦局を変えることができた。

試合後、セルヒオはSpurs TVのインタビューで、「僕らのメンタリティと僕らの費やした努力のためにも、このような後半での巻き返しが必要だったんだ」と語った。

「先週(トレーニングで)、僕らはとてつもない努力を費やした。後半は確かに、すべてのファンが見たいと思っているチームを見ることができたと思うよ」

アントニオ・コンテはハーフタイムに選手に何と言ったのだろうか?

「メンタリティと努力を向上させなければならないと言っていたよ」

「(後半の)最初の5分間、リーズには何度かコーナーを得ていたけど、その後はこの一週間で練習してきた通りのチームに僕らはなっていた。素晴らしかったよ。このように戦うチームが僕は大好きだね」