/セルジュ・オーリエが明かす、ドレッシングルームでのモウリーニョとの衝突と人生訓

セルジュ・オーリエが明かす、ドレッシングルームでのモウリーニョとの衝突と人生訓

「つまり、監督は多くのトロフィーを獲得しているってことだ。世界最高の指導者の一人だぜ。だから、良くも悪くも何と言われようと、監督にはそれを裏付けるだけの立派な経歴がある」

「他人が『俺はあの監督とやっていたことがあるがマジでヤバくて酷かったぜ。こんなことを言われたぜ…』と言ってても、自分自身の経験で判断すればいいんだぜ」

「だから『OK、教えてくれてありがとな。俺は俺の目で判断するぜ』って言っときゃいいのさ」

「他所で聞いたことと、監督と自分が一緒に過ごして経験したことは、同じじゃないんだ。同じ人間じゃないぜ。あんたは本当に自分自身の経験で判断する必要があるんだ」

「他人の話を聞くだけで判断してたらどうなるか想像してみ。俺は悪いイメージだけを持ってスタートしてたぜ」

「昔は選手と喧嘩したり、葛藤したりしていた監督だったのは事実だろうな。監督がアマゾンのシリーズで話した時、自分の経験で判断する意志がなければ、『俺は監督をそういう男だと決めつけてるから、俺はこういう反応をしてやるんだぜ』と言い返してただろうが、俺たちは俺たちの経験で判断し、俺たちの考えを持たなきゃいけないんだ。シンプルだろ」