/セルジュ・オーリエを放出した場合の右サイドバックの5つの選択肢

セルジュ・オーリエを放出した場合の右サイドバックの5つの選択肢

トッテナム・ホットスパーの右サイドバックであるセルジュ・オーリエの移籍について決断を迫られるジョゼ・モウリーニョは、その決断の先にいくつかの選択肢を持っている。

昨夏、27歳のコートジボワール代表キャプテンはトッテナムからの退団を希望し、ACミランへの移籍が噂されていたが、それは実現することはなかった。

現在、ミランのディレクターを務めるパオロ・マルディーニは、再びこの右サイドバックの獲得を検討していると認めており、あわせて昨年の夏にも獲得を試みていたことを認めている。

イタリアでの報道によると、2017年に2300万ポンドでPSGからスパーズに加入し、その際にスパーズと結んだ契約を2年間残しているオーリエの移籍を巡って、ミランとの間ですでに交渉が始まっているという。

トッテナム・ファンの間でその評価について意見が分かれるオーリエには1250万ポンドの評価額が設定されていると報じられている。キーラン・トリッピアがアトレティコ・マドリードに移籍し、カイル・ウォーカー・ピータースがサウサンプトンにローンで移籍してから、モウリーニョのもとでファーストチョイスとなった選手の評価額としてはありえない金額だ。

さて、モウリーニョがここでセリエAにオーリエの送り出すことに同意した場合、その先に様々な選択肢を持つことなるだろう。