/ライアン・セセニョンの欠場の理由とヌーノ・エスピリト・サントの評価

ライアン・セセニョンの欠場の理由とヌーノ・エスピリト・サントの評価

トッテナムの若手ライアン・セセニョンがこれまでのプレシーズン・マッチを欠場しているが、間もなく復帰する見込みだ。

ライアン・セセニョンは、ハムストリングを痛めているため、トッテナムのプレミアリーグ開幕戦に間に合うかどうかは微妙だが、ヌーノ・エスピリト・サント監督のもとでの彼の将来は明るいとFootball Londonは理解している。

この21歳は、昨シーズン、ブンデスリーガのホッフェンハイムにローン移籍し、そこで成功を収めた後、スパーズに戻っての活躍を目指している。

ドイツのリーグと文化にすぐに適応したセセニョンは、そこですぐにファンの人気者となり、左サイドバックまたは左ウイングバックとして29試合でプレーし、2ゴール、3アシストを記録した。

U21イングランド代表のセセニョンは、2019年夏にフラムからトッテナムに移籍して以来、U21ユーロで負った深刻なハムストリングを抱えたまま不運な日々を送っている。

その負傷から回復するまでに、マウリシオ・ポチェッティーノのもとで数試合に出場し、その後、アルゼンチン人指揮官が解任され、ジョゼ・モウリーニョに交代した。

かつてレアル・マドリードとチェルシーで活躍したジョゼ・モウリーニョは、セセニョンを高く評価し、Football Londonに「アシュリー・コールに似た特徴があり、最高レベルの左サイドバックになる可能性がある」と語っていた。

しかし、モウリーニョはこの若きサイドバックをほとんど起用せず、昨年の夏、スパーズは他の複数クラブが興味を示すなかでホッフェンハイムへのローン移籍が最適であると判断した。