/ジョゼ・モウリーニョはどのようにしてスパーズのタイトル獲得を台無しにしたのか?

ジョゼ・モウリーニョはどのようにしてスパーズのタイトル獲得を台無しにしたのか?

モウリーニョのフットボールは、「恐怖」がすべてを決定づけるようになっていった。これはある意味、イデオロギー的な選択でもある。ポゼッションに対する懐疑心、低い位置でのブロックへの執着は、2008年にバルセロナの監督就任を逃した後に、初めて教義として確立された。彼のポルトは、高い位置でプレスしていた。チェルシーでの最初の任期では、モウリーニョは「ボールを持って休む」ことについて語り、ポゼッションを試合をコントロールする手段として使っていた。インテルを率いてチャンピオンズリーグでバルサを敗退させたときには、セカンドレグでのボール支配率は19%だったが、モウリーニョはペップ・グアルディオラに対して、「アンチ・バルセロナ」、「アンチ・プレッシング」、「アンチ・ボール」という意識的な対立軸を確立していた。

この現象は以前にも指摘されたことがあり、モウリーニョのテンプレート化についての記事が必然的にテンプレートに沿ったものになってしまうほど、おなじみの現象である。しかし、モウリーニョのチームにとっては、その影響は甚大だ。グアルディオラのバルセロナを相手にするための準備としては良い練習方法であっても、ロイ・ホジソンのクリスタルパレスやスティーブ・ブルースのニューカッスルに勝つための最良の方法であるとは限らない。

今シーズンのトッテナムは、リードしていても、深く引いてしまったり、失点してしまったりすることが何度もあり、その多くは自分たちが試合をコントロールしているように見えた試合であった。ウェストハム、LASK、パレス、ウルブズ、フラム、ニューカッスルなどとの試合では、終盤の失点でそれまでの優位を無駄にし、リバプール戦だけでなく、アーセナル戦やディナモ・ザグレブ戦でも、慎重すぎる姿勢で自らの優位を手放してきた。

最初は、モウリーニョが的を射たことを言っているように思えた。キャリアの前半の予想外の栄光の香りに誘われて、単に勝つだけでなく、自分のやり方で勝ちたい。キャリア後半には、単に栄光だけでなく、自らの正当性を証明したいという願望がモウリーニョに芽生えたのだと。その野心は、イデオロギー的なものを感じさせた。しかし、それは栄光の時代の記憶に誘惑された、彼のキャリアを通した企ての一部であると考えているのかもしれない。言い方をシンプルにすれば、不安が彼を支配しているのかもしれない。より事態が深刻なのは、モウリーニョが「守備的に引いてしまうのは、自分が指示したのではなく、選手がやったことだ」と言ったのは真実であり、彼はもうコントロールできなくなっているのかもしれないということだ。

いずれにせよ、その後の展開は予想通りの破滅のスパイラルに陥っている。スパーズの調子は崩れ、モラルは崩壊し、モウリーニョの公の発言は主に責任回避が繰り返されている。ニューカッスル戦の後、モウリーニョはスパーズがかつて率いたチームのようにリードを保てない理由を聞かれ、「監督は同じだが、選手が違うんだよ」と答えた。しかし、この言葉には不自然な響きがある。これらの選手のほとんどは、マウリシオ・ポチェッティーノ監督のもとでは守備がうまくいっていた。こちらは「選手は同じだが、監督が違う」だけだ。これをどのような論理で彼らの側に責任があると言うのだろうか?