/ジョゼ・モウリーニョはどのようにしてスパーズのタイトル獲得を台無しにしたのか?

ジョゼ・モウリーニョはどのようにしてスパーズのタイトル獲得を台無しにしたのか?

モウリーニョはかつて、このような交代カードの切り方を得意としていた。2004年にチャンピオンズリーグの栄冠に導いた当時のポルトの選手たちは、今でもモウリーニョのことをカルト的なリーダーのように語り、未来を見通す能力があったこと、そしてそのビジョンに沿って世界が動いていたことを回顧する。しかし、アンフィールドで彼が見たのは『恐怖』だけだった。

Jose Mourinho during Tottenham's defeat at Anfield in December

この『恐怖』は、最近のモウリーニョの決定的な『プレーの原則』となっている。ディエゴ・トーレス*の著書において、基本的な『プレーの原則』として書かれた「ボールを持っている者は恐怖を抱く」という言葉は、今でも最も心に響く言葉である。ほとんどの公人は、自己暗示に陥る段階がある。正しい解決策は何かと自問するのをやめ、最も特徴的な解決策を適用するようになるのだ。

*ディエゴ・トーレス:1972年、アルゼンチンのメンドーサ生まれ。マドリードのコンプルテンセ大学法学部を卒業後、スペインの高級紙『エル・パイス』紙で働き始め、レアル・マドリー担当のエース記者を20年務めた。中立な報道姿勢が買われ、会長周辺から選手、職員まで幅広い匿名の情報源を持つ。


モウリーニョ vs レアル・マドリー「三年戦争」 明かされなかったロッカールームの証言/ディエゴ・トーレス (著)

それは、アルセヌ・ヴェンゲルにも、マーティン・エイミスにも、マーガレット・サッチャーにも起こったことだ。ヴェンゲルはある時点から「どうすればこの問題に最善の解決策を見出すことができるか」と自分に問いかけるのをやめた。代わりに「最もヴェンゲルらしい解決策は何か」と問うようになってしまった。経験から得られることのメリットは、簡単にテンプレート化されてしまう。