/プレミアリーグの審判はピッチサイド・モニターをもっと活用すべきか?

プレミアリーグの審判はピッチサイド・モニターをもっと活用すべきか?

ここまでプレミアリーグの審判の誰一人として、ピッチサイド・モニターによって論争となりうるプレーを見直していないことは、かなりの驚きである。

シティと同様に、この週末、トッテナムにPKを与えられなかったのは不運だった。ニューカッスルのディフェンダー、ジャマール・ラッセルズがハリー・ケインにチャレンジした後、マイク・ディーン主審もVAR担当のアンソニー・テイラーも、何の判定も下さず、何の動きもみせなかった。

VARがこの2つのプレーや他のプレーに関与していない理由は、彼らの ルールに「介入への高いハードル」 があるためだ。

「遠方から判定を下す」のではなく、「現場での判定を尊重する」という審判nあり方を守りたいのだろう。

TAGS:
Tottenham Hotspur