/今シーズンのトッテナム・ホットスパーの急速な衰退の責任は誰にあるのか?

今シーズンのトッテナム・ホットスパーの急速な衰退の責任は誰にあるのか?

モウリーニョがとんでもない規模の負傷離脱の問題に直面したことは確かだが、アタッカー陣としてデレ・アリ、ルーカス・モウラ、エリク・ラメラ、ジオバニ・ロチェルソが健在で、最近まではステーフェン・ベルフワインもチャンスメイカーやスコアラーとして十分な実力を持つ選手であった。

モウリーニョは現有戦力を最大限に活用できておらず、先月までは結果こそ得ていたものの、そのフットボールの内容は全体的に見て酷いものだった。彼の最近の言葉から見て取れる否定的なチームへの考え方は、一部の人は現実的と見るだろうが、ピッチで戦い続ける選手たちにしてみれば、モチベーションが上がるものではなかっただろう。

これからの問題は、夏にこのスパーズの衰退を阻止できるかどうかだ。

ポチェッティーノは去った。そして、レヴィとモウリーニョは、ポルトガル人指揮官がスパーズで初めて迎えるシーズンの開幕に向けて、どの選手をチーム抗争に入れるかを決める必要がある。

クラブの会長が望むトロフィーを獲得できることはモウリーニョの履歴書が証明しているが、それはレヴィが適切な戦力を適切な資金を投じてこの指揮官をサポートした場合のみに実現可能である。適切にバランスがとれたチームは、仮に負傷者が相次ぐような不運な事態にあっても、乗り切ることができるのだ。

トッテナムはここから息を吹き返さなければならない。さもなければ、過去5年間の大いなる進化は、「チームの基盤」ではなく「いっときの思い出」になってしまうだろう。