/『Goal』プレゼンツ!2ヶ月間無料で視聴できるスパーズ戦の見どころを紹介

『Goal』プレゼンツ!2ヶ月間無料で視聴できるスパーズ戦の見どころを紹介

■注目の対戦カード

マンチェスター・ユナイテッド

3節 8月28日(火) 朝4:00キックオフ
マンチェスター・ユナイテッド@オールド・トラフォード
注目度:☆☆☆☆☆

強敵ユナイテッドとのオールド・トラフォードでのシーズン序盤の腕試し。スパーズと共にイングランド代表としてワールドカップを戦ったメンバーが多いユナイテッド。この大一番は、ユナイテッドのジェシー・リンガード、マーカス・ラッシュフォードに対し、スパーズはデレ・アリとハリー・ケインと、イングランド代表の若い攻撃陣たちの共演としても注目だ。

一方、プレミアリーグの「トップ6」のなかでこの夏の移籍マーケットで補強が少なかったという点でも共通するチーム同士の激突。プレミアリーグの移籍マーケットはすでに終了したため新戦力の獲得はできない。しかし、ヨーロッパの他国リーグに選手を放出することは可能だ。ヨーロッパの移籍期限である8月の月末が近づき、ひょっとしたら両チームの主力のなかには、ヨーロッパの他クラブへの移籍が騒がれている選手もいるかも知れない。

スパーズ・ファンもユナイテッド・ファンも、いつも以上にキックオフ前のスタメン発表を固唾をのんで見守ることになりそうだ。

 

リバプール

5節 9月15日(土) 20:30キックオフ
リバプール@トッテナム・ホットスパー・スタジアム ウェンブリー・スタジアム
注目度:☆☆☆☆☆

昨シーズンはチャンピオンズリーグでファイナルに進みながら、2シーズン連続のプレミアリーグ・トップ4入りを果たして成長著しいリバプールだが、2009-10シーズン以降のここ9シーズンでリバプールがスパーズよりも上の順位でプレミアリーグを終えたのはたったの1度だけ。注目度は高いリバプールよりも上で居続けることがスパーズの成長がより盤石であることを図る試金石となる。

そしてこの注目カードは、スパーズの新スタジアム(暫定名称「トッテナム・ホットスパー・スタジアム」)での初の公式戦となる予定だ。となれば、およそ1年半ぶりのホームに帰ってくるスパーズは、ファンと力を合わせてスタジアムの歴史を白星でスタートしなければならない。

開幕戦では苦しみながら敵地でニューカッスルから3ポイントを持ち帰ったスパーズに対し、アンフィールドでウェストハムから大量4ゴールを奪い持ち前の攻撃力を爆発させてみせたリバプール。スパーズ・ファンにとっては不安が募る一戦だが、ホームゲームだけに落とすことができない試合となる。

ところで、スタジアム建設の遅延によって、新スタジアムでの初の公式戦となる予定だったこの対戦カードがウェンブリー・スタジアムでの開催に変更となった。ガッカリするスパーズ・ファンが多いが、ここで注目すべきポイントはプレミアリーグの歴代最多観客数の記録更新への期待である。

昨シーズンのノースロンドン・ダービー、今年2月のスパーズ対アーセナルが同じウェンブリー・スタジアムで開催されて83,222人の観客数を記録。これがプレミアリーグの歴代最多観客数の記録となっている。その記録を塗り替える対戦カードがあるとすればこのリバプール戦であろう。なお、昨年10月に4-1でスパーズが勝利したウェンブリーでのリバプール戦は、80,827人の観客数を記録している。