/プレミアリーグ、次節からVAR(ビデオ判定)を試験導入へ。ロンドン勢への影響は…

プレミアリーグ、次節からVAR(ビデオ判定)を試験導入へ。ロンドン勢への影響は…

インターナショナル・ブレイク明けからプレミアリーグはVAR(ビデオ・アシスタント・レフリー)を試験導入するが、ロンドンのクラブへの影響は?年初のプレミアリーグ20クラブの投票では、反対多数で導入は見送りとなっていたが。

 

報道によると、プレミアリーグにVARが導入される。

ほんの半年ほど前に、ロンドンで行われた関係者ミーティングにおいてプレミアリーグの20クラブのほぼすべてが反対票を投じたことで、今シーズンの使用は見送られていたビデオ・アシスタント・レフリー。

しかし、今週のプレミアリーグの声明は次の通りだ。

「プレミアリーグのクラブは、ビデオ・アシスタント・レフリー(VAR)の試験導入を2018-19シーズンに継続することで合意した」

「この決定は、イングランドのフットボールでVARの試用が進展していることを受けての協議の結果であり、他の試合での多くの使用実績からの重要な知見を得られたからだ。PGMOL(プロフェッショナル審判協会)のマイク・ライリーやその同僚によって、この技術が大きく進化していることを各クラブが評価し、感謝している」

「各クラブは、2018-19シーズンの終盤にも継続してこのシステムのさらなる発展のための試験導入に合意しており、特に、スタジアム内や、世界中の自宅で観戦する人たちとのコミュニケーションの改良を重視している」

「プレミアリーグはVARの試用を、2018-19シーズンのFAカップやカラバオ・カップで広範囲に進めることを依頼していく」

TAGS: