/プレミアリーグの5チームがワールドカップ南米予選に参加する選手の早期英国帰国を断念

プレミアリーグの5チームがワールドカップ南米予選に参加する選手の早期英国帰国を断念

ユナイテッドではエディンソン・カバーニとフレッヂがレスターとの試合を欠場する可能性があり、ヴィラではエミリアーノ・マルティネスとドウグラス・ルイスを欠いてミッドランズのライバルであるウルブズと戦うことになるかもしれない。

スパーズは、エメルソン・ロイヤルをブラジル代表に、ジオバニ・ロチェルソとクリスティアン・ロメロをアルゼンチン代表に、さらにダビンソン・サンチェスをコロンビア代表に招集されたため、最も厳しい状況に置かれている。

ノースロンドンのクラブは、このインターナショナル・ブレークの最後の3試合目の前に、選手のロンドンに戻してくれるように各国のフットボール協会に働きかけた。

しかし、それが失敗に終わり、ヌーノ・エスピリト・サントは、これら4人の主力選手を欠いたまま日曜日のニューカッスル戦に臨むことになった。

プレミアリーグの監督たちにとって朗報なのは、今シーズンの残りの国インターナショナル・ウィークでは、南米のワールドカップ予選が2試合ずつ行われるということだ。

しかし一方で、コロナの影響で代表戦が遅延しているため、これらの選手たちは、2年連続でプレミアリーグのウィンター・ブレイクがないことを余儀なくされる。

来年の1月27日から2月1日の間に、南米の全10ヶ国の試合が予定されており、この期間はイングランドのトップリーグのクラブが冬休みを取る予定となっている。

昨年も、コロナウイルスの流行による試合が過密日程になることを強いられ、すべての選手が冬休みをとれなかった。