/2019-2020シーズンのプレミアリーグ新ルール解説

2019-2020シーズンのプレミアリーグ新ルール解説

③選手交代時のルール

・旧ルール
選手がピッチから出る場合にはハーフウェイラインを経由しなければならないというルールはなかったが、現実には選手たちはハーフウェイラインを経由してピッチを離れていた。

・新ルール
選手がピッチから出る際には、原則タッチラインの最も近い位置を利用しなければならない。ただし、怪我のあるなしを問わずレフェリーがハーフウェイラインから出ることを許可した場合にはその限りではない。

・改正の趣旨
IFAB曰く、選手が最短距離でピッチから出ることを義務化することにより、時間稼ぎを防止することを狙いとしている。

④ゴールキック

・旧ルール
ゴールキックがなされるとき、両チームの選手ともペナルティエリア外に出てキッカーから離れなければならない。そして、ボールがペナルティエリア外に出るまでインプレーとは判断されない。

・新ルール
ボールがキックされ、動いた瞬間からインプレーと判断される。ゴールキックがなされたとき、相手チームの選手がペナルティエリア外に出る時間がなくエリア内に留まってしまった場合には、ルール違反とはならない。そして、そのような場合には相手チームの選手はゴールキックを妨害することも可能である。

・改正の趣旨
IFABは新ルール制定により、ゴールキックからより速くダイナミックなリスタートが実現可能になることを期待している。

⑤イエローカード、レッドカード

・旧ルール
イエローカードもしくはレッドカードに値する行為をしたと判断されたとしても、実際にレフェリーがカードを提示し終えるまでプレーは続行されない。

・新ルール
レフェリーがカードを提示する行為に移っておらず、攻撃側にリスタートの意思があるならば、得点チャンスを創出する限りにおいてファウルをした地点からクイックリスタートをすることが可能である。レフェリーはその後ボールがタッチラインを割ったときにカードを提示することになる。

しかし、レフェリーがファウルにより得点チャンスを明確に潰した選手を退場(レッドカードを提示)させようとしており、かつ攻撃側のチームがクイックリスタートを選択した場合には、レフェリーはレッドカードの代わりにイエローカードを提示することもできる。

・改正の趣旨
IFAB曰く、イエローカードもしくはレッドカードを提示するために攻撃が妨げられるというのは不公平であり、実際カードの提示がない場合のクイックリスタートは旧ルール上でも許されており、カードを提示するか否かにかかわらずクイックリスタートを可能にするというのが本改正の目的である。