/マウリシオ・ポチェッティーノ:シティ戦に向けての記者会見

マウリシオ・ポチェッティーノ:シティ戦に向けての記者会見

シティ対策はできているか?

私たちはバランスを改善するために、今シーズンも自分たちと向き合って戦うよ。過去5年間を分析すると、私たちはいつも様々な点で毎シーズン改善しているが、プレミアリーグでは戦績やゴール数が下がっている。そこが私たちの挑戦であり、私たち自身を向上させていかなければならない。プレミアリーグでの成績を改善するためにね。もちろんヨーロッパで我々は成長し、より競争力をつけてチャンピオンズリーグの決勝に進出した。プレミアリーグでは後退しているので、今はそこを改善したいし、プレミアリーグの2強であるシティとリバプールとの差を減らすこだ。私たちにとっての挑戦だね。

クリスチャン・エリクセンは先発するか?

どうなるだろうね。11人しか出場できないが、先週の彼の練習でのパフォーマンスはとても良かったよ。

契約の問題はチーム選考に影響するか?

いや、私も1年契約も5年契約も、選手であれば同じだよ。契約期間の長さの問題ではなく、選手の能力の問題だ。契約や個人的な事情ではなく、実績で判断するよ。

クリスチャンは去るのか、新しい契約に合意するか、それとも来年の夏にフリーで去るのか?

わからないよ。すべての選手がキャリアの中で異なる道を選ぶまで、私は彼らを助け、サポートし続けるということさ。その選択のすべてに敬意を表さないとね。選手が出場する場合も出場しない場合も、クラブの外側にいる人にはその敬意が意味することを理解するのは難しい場合があるね。まず私の決断になるが、人間関係が試合に出場するかどうかを決めるのではない。最も重要なことは、まず人として尊敬し、それからプロとしての判断を下すことだ。プロとしての決定には、人間関係が影響を与えることはないよ。

もしそういった関係に影響を与えるのであれば、それはプロとしての関係によってであって、個人的な関係ではないだろうね。時に、選手たちはとても幸せでコーチングスタッフは世界で最高だと言った後で、出場機会を失った途端に世界で最悪だと発言したら、皆さんは戸惑うこともあるだろう。そうではないんだ。しっかり理解する必要がある。チーム選考で決定を下すとき、それはチームにダイナミックさを与えられるか、相手を打ち負かすことに貢献できるか、パフォーマンスに基づいて考えているよ。

Tottenham Hotspur