/マウリシオ・ポチェッティーノ:シティ戦に向けての記者会見

マウリシオ・ポチェッティーノ:シティ戦に向けての記者会見

ベン・デイヴィスは復帰可能か?

あぁ。そういった個々の名前で聞かれると思ってたよ。今、私たちにはプレー可能なる多くの選手たちがいる。まだ負傷している選手もいる。これから数週間ではチーム選考が難しいが、それが私の仕事で、チーム選考を正確にして試合に勝つための最善の選択をして戦うことだ。

これは私たちにとって最も重要なことであり、もちろん選手を回復させて、1週間のトレーニング・セッションでより競争力を高めることができれば、私たちのチーム・レベルを高めることになるんだ。チーム全体のレベルを上げるんだよ。ポジション争いが増えれば、対戦相手に勝つ実力が高まるんだよ。

マンチェスター・シティに対抗して、チーム選考を正確にすることの重要性は?

間違いや正解はないんだよ。常に選択であり、その後に結果が出るだけだ。先発のイレブンを決めるとき、コーチは勝つことを考えている。しかし、私たちコーチングスタッフは、ミスの割合を減らすための知識を持っているんだよ。なぜなら、私たちは毎日選手と一緒に仕事をしているからね。チームにとって最高の決定だと信じ、決定を下しているんだ。コーチがチームに不利な決定を下すなんて、これまでに見たことも、これから見ることもないよ。私も例外ではありません。私は正しいこと、最善の方法で行動すること、そして勝利に近づくことを決断するよ。

あなたのペップ・グアルディオラとの対戦戦績は良いが自信になるか?

私と彼との競争ではないんだ。私たちのキャリアだけの偶然かもしれないだろ。もちろん、私は対戦するすべての指揮官を打ち負かそうとしているよ。私は競争が好きで、相手の指揮官が私を負かそうとするし、私は彼らを負かそうとするのさ。しかし、フットボールはチーム・スポーツだ。バルセロナとエスパニョール、マンチェスター・シティとトッテナムの試合は個人の戦いではないんだよ。

1つのボールを2つのゴールの間に置いて、1人と1人でプレーさせれば、どの選手が一番優れているかがわかるだろうね。将来、プレミアリーグの20人の監督の間で、誰がより優れているかを競う競争が必要になるだろうかね?

それをしたらどうなる?

なるほど。私たちにはわからないよ。見当もつかないね。コーチやピッチの主役である選手に敬意を示すことだよ。でも、そうだな。また彼と対戦できてとてもうれしいよ。ファンタスティックだね。シティやペップのような世界最高のチームと指揮官を相手に戦うチャンスをまた新たなシーズンで迎えることができたんだ。彼らと競争のなかで相対することができるのは、私にとってとても重要なことさ。

私たちはその監督の競争を見ることができるのか?

コーチングスタッフにとって、それは選手たちの争いと同時に行われている競技だよ。それはファンや選手のためになってるね。私たちが選手にアドバイスしているときに、「なるほど。アドバイスがはとても上手だけど、ピッチでどれだけ上手なのか見たいです!」と言われることがある。悪くないアイデアだよ。プレミアリーグの20クラブでそれをやるのは良いアイデアだろうね。私たちはそれほど忙しくないので、そういうコンペを作ればいいんじゃないかな。