/マウリシオ・ポチェッティーノ:レスター戦の後の記者会見

マウリシオ・ポチェッティーノ:レスター戦の後の記者会見

今日の選手のパフォーマンスは?

パフォーマンスは良かったと思う。水曜日の試合から、長いフライトを経て、回復の時間もあまりないなかで、素晴らしいパフォーマンスだったと思うよ。もちろん、私たちが83分間はピッチ上で優れたチームだったと思うが、今となればその感情が残り7〜10分で完全に変わってしまった。

それまでは、私たちが優位に立ち、異なる結果を得て、異なる方法で話しているという感情だったが、これを評価するにあたっては公平になる必要がある。チームは素晴らしい姿勢で非常によく戦っていたし、何度か素晴らしいフットボールをしていた。

私はそのパフォーマンスに満足しているが、結果にはがっかりしている。すべてが私たちに不利に働いているような時期にいるが、タフな時間のなかでも、一生懸命に取り組んで、前向きになるべき時期になるんだ。

ここしばらくVARの恩恵を受けてきたが、今回のオフサイドの判定はほぼ判断不可能なだった?

恩恵を得たとか得てないとか、公平か不公平かとか、オフサイドであるとかオフサイドではないとか、話題にしなければならないのだろう。私は話すつもりはないよ。私が言いたいのは、私たちは皆がこの競技にそのシステムを導入することを受け入れたということだ。そして、今、私は文句を言わない。もしあなたがオフサイドだとか、そうでないとかはっきりしていないと言うなら、私はこの判定を受け入れるだろう。しかし、私は審判を信頼しているし、審判がそのように判断したのなら私は文句を言わないよ。

私は、別の方法でこの競技を分析する必要があると思っているが、VARのことを考慮することはない。私たちは、それが完全に公正なルールであることを受け入れる必要があるんだ。私は失望したりはしない。私たちが2つのゴールを許し、試合への感情が変わったのが残念だ。この決断をレスターに下したことで、最後の10分間の出来事につながったんだ。

1月からプレミアリーグのアウェイで9試合勝利無しだが?

理由はさまざまだが、今ここで説明するのが難しい状況でもある。すべての試合でそれぞれだが、今日はなぜ勝てなかったのかと尋ねられたら、80分間試合を支配した後、状況が変わり、失点をしたからだ。私たちはもっと一貫性を持ち、アウェイでもより良いパフォーマンスを見せる必要がある。それしか方法がないよ。これから分析するポイントになるが、私たちは未来の解決策を探すために働いているんだ。

VARがレスターの信念を強化したが、スパーズへの影響は?

VARを責めているわけではないが、戦局が変わったと言ったのだ。2-0となっていれば試合は異なっていただろうし、VARがゴールを認めなかったことで2-0とならず、80分を経過して1-0と同じではないということだ。感情が変わるのは当たり前だよ。私たちにとってそれは非常に残念なことであり、彼らにとっては、すべての人とファンがチームを後押しし続けることができるという大きな信念であり、そして彼らはゴールを決めることにつながったんだ。最終的には引き分けになると思っていたが、遠くから決勝ゴールを見ていて、気が滅入ってしまったよ。

夏にビクター・ワニアマが去ることなり、あなたは居場所はないと言った。今日プレーするに至るまでの変化は?

どのコメントのことを言っているのかわからないが…。

「トッテナムは慈善団体ではない」…

私が言っているのは…。問題は、時々あなたが私の言葉を間違って解釈したり、7年も経って私の英語があまりうまくなってないことだろう。私は彼のことを言っているのではなく、一般的なことを言っているのであって、私の選手やこの場合はビクターのことを言っているのではないんだよ。

Tottenham Hotspur