/マウリシオ・ポチェッティーノ、ワールドカップ直後のハリー・ケインとの会談

マウリシオ・ポチェッティーノ、ワールドカップ直後のハリー・ケインとの会談

イングランド代表のキャプテンとしてワールドカップを戦ったスパーズのエース、ハリー・ケインと会談したことを明かすポチェッティーノ。

ロシアでゴールデン・ブーツを獲得したストライカーは、ワールドカップからイングランドに戻った2日後に、ホットスパー・ウェイを訪れて、ポチェッティーノと話したという。

「ワールドカップの結果に本人はとてもガッカリしていたよ。ゴールデン・ブーツを獲得したが、彼が日曜にロンドンに戻ってきて、火曜日にはクラブのトレーニング・グラウンドに来て、5時間を私やヘスス(・ペレス。スパーズのアシスタント・マネージャー)と過ごしたんだ」

「私は彼を祝福したんだが、彼は『監督、僕はとてもガッカリしてるんです。もっとゴールを決めなきゃいけなかったんだ!』って言ってたね。私は『でも、ゴールデン・ブーツを獲っただろ』と言ったんだが、彼は『でも監督、僕はガッカリなんですよ』と答えた」

「6ゴールを決めてセミファイナルに到達しただけでは満足ではなかったんだ。そのエネルギーや野心が私は大好きさ。ワールドカップで4位になっても、プレミアリーグで2位や3位になっても、それでは満足できないっていう野心がね」

「選手がそのように思ってくれるのは大歓迎だし、ワールドカップを終えた後に我々のところにやって来たのも嬉しかったよ。周りのみんなが彼を讃え、ビッグスターともてはやされているのに、火曜日には我々とともに過ごしてくれた。実にハリーらしいったらないね」