/マウリシオ・ポチェッティーノ:クリスタルパレス戦の後の記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:クリスタルパレス戦の後の記者会見(動画付)

 

もうホームのように感じている?

イエス。間違いなく対戦相手にとっては厳しくなると思うよ。私のようにトッテナムの監督であったり、トッテナムでプレーする選手だったとして、この環境にすぐに適応できるよ。本当にアメージングだと思うね。応援してくれるファンの影響を受けないなんて不可能だし、エネルギーやエモーションが立ち込めている中心のピッチだからこそ、走り、シュートを撃ち、セーブをしてタックルできるんだ。このような環境でもモチベーションを高められないのなら、頭の中のどこかが正常ではないんだ。相手にとってはタフになるはずだね。

 

トップ4争いについてここに来たことで自信は増した?

もちろんさ。私はトップ4でフィニッシュする自信があるって言ったろ。そこは揺らがないよ。選手たちのことを信じているんだ。我々こそはトップ4に相応しいから、彼らを信じているよ。我々はあらゆる逆境に立ち向かってきたし、この選手たちスタッフ、そしてもちろんクラブの全員が来シーズンのチャンピオンズリーグに相応しいんだ。この瞬間に漕ぎ着けるために我々はハードワークをしてきたからね。今我々はここにたどり着いた。もちろんこれからもまだまだやることはあるし、我々が戦っているのは長期に渡って巨額の資金を投じているビッグクラブたちだ。もちろん、我々は別のやり方で戦っているが、信念を持っている。今日、我々は新しいホームを手にし、ここでのファンは素晴らしかった。シーズンの終盤にチームの成功にとって彼らが重要な役割を担ってくれるだろう。

 

ここで残り全勝が狙えそうか?

これから狙っていくし、それはいつだって目標としているよ。いつだってすべての試合に勝つつもりでいる。それでもスポーツである以上は負けることだってあるし、相手がいて成立するものだ。最後まですべての試合に勝つつもりでいくし、トップ4に入れればクラブにとって大きな功績だよ。