/マウリシオ・ポチェッティーノ:チャンピオンズリーグのシティ戦(1st Leg)を控えての記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:チャンピオンズリーグのシティ戦(1st Leg)を控えての記者会見(動画付)

 

ペップ・グアルディオラは「四冠(クワドループル)」の話題を避けているがシティならできると思うか?

それは彼への質問だろう。我々は我々の仕事に徹し、そして勝利を目指すのみ。もちろん、マンチェスター・シティはここ数年ですべてを勝ち取れるだけの基盤を作り上げている。とても優れた選手たちによるとても優れたチーム戦力だ。そして彼は世界最高の監督の一人だよ。今、1つのクラブ、1つのチームがすべてのタイトルを獲得できるとすれば、それはマンチェスター・シティだろうね。彼らはかなりの好位置につけている。

 

グアルディオラとの対戦経験は豊富だがそれがアドバンテージになる?

スペインでいっしょだった4年間、互いに多くの試合を戦ったよ。バルセロナとの対戦はいつだって大変だったね。もちろん、相手を手こずらせようと頑張ったさ。彼らも彼自身も、我々の勇敢さを、そして前に向かっていくアグレッシブでがむしゃらな姿勢を知ってるはずだ。もちろん、ピッチ上の選手たちのクオリティでグアルディオラのチームは勝利を狙ってくるだろうが、我々はアグレッシブでがむしゃらに、彼らを倒しに行くよ。

相手の出方を見て戦うというのは難しいんだ。いつもそれは頭にあったんだよ。初めてムンジュイック(エスパニョールのホームの呼称)で対戦した時のことを覚えている。10年前のコパ・デル・レイで0-0だった試合だ。我々の望む戦いができた試合だった。相手には多くのタレントが備わったとても優れたチームだと分かっているし、勇敢に勝利を目指して戦うよ。それは明日の試合でも変わらぬ我々のチャレンジだ。

 

2016年にスパーズはシティの開幕無敗記録をストップし、当時のチーム戦力からカイル・ウォーカーが抜けたのみだ。あの経験は重要か?

イエス。あの試合を思い出すと、99%の選手が我々には残っていて、マンチェスター・シティには5〜10%しか残っていない。ほぼ3年前のことでね。他のクラブの変貌ぶりがよく分かるよ。あの勝利は私にとって過去の出来事だ。今のマンチェスター・シティはファンタスティックだよ。プレミアリーグでもチャンピオンズリーグでも優勝候補筆頭だ。それにFAカップでファイナルに進んでいるし、カラバオ・カップは優勝した。

我々にとってタフな試合になるだろうが、我々はとにかく試合への準備のことだけを考えるよ。2016年の出来事は重要じゃない。ただ我々が勝った試合があったというだけだ。そもそも大会が異なるよ。