/マウリシオ・ポチェッティーノ、ワトフォード戦に向けての記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ、ワトフォード戦に向けての記者会見(動画付)

 

どの選手にオファーが届いているか教えてもらえるか?

これが問題なんだよね。みんな噂話が好きだ。今の世の中、ソーシャル・メディアとかあらゆる手段があって、誰もが意見を発信できる。どう感じたかを表現できるんだ。もちろん人はみんな情報を仕入れる権利がある。私は選手たちに言っているんだが、「意思決定をするのは私で、私が責任を負っている。ボスは私で、だからこそ4年前にクラブは私を選んだんだ」とね。

 

カラバオ・カップでMKスタジアム(*)での開催を申請しているがどう感じてるか?観戦に出向くにあたり不満を抱くファンもいる。

全員を満足させることは不可能だよ。文句を言って大騒ぎする人たちもいるだろうね。最重要時はフットボール・リーグの組織の会場についての決定だね。クラブはチームのためにベストの決定を努めているよ。当たり前だが、決定を下さなければいけない。とても難しい状況だ。今頃には、スタジアムが出来上がってたはずだったんだけどね。それも叶わない。それで当然ウェンブリーだね。難しいよ。自分でどうにかできる状況じゃない。我々にとってはもちろんとても困難なことだ。我々にとって問題になることで、対戦相手にとってではない。誰よりも落胆しているのは我々自身だ。ファンの皆様には、クラブのために状況を理解するようにして欲しい。我々に何ができる?スタジアムはまだ出来上がっていないんだ。OK、多分、私はこの会見の後に建設現場に行って手を貸せるかもしれないね。だができるのはそこまでだ。忍耐強く、クラブがスタジアムを完成するのを待ち、そこでプレーできる日を待つしかないんだ。今の世の中、文句を言ったり、同意したり対立したりするのは簡単だ。だが、我々クラブの幹部たちや会長にとって、ものごとは非常に困難な状況にあるんだ。

*ロンドン北西80kmにあるMKドンズの本拠地。ミルトン・ケインズ市にあるスタジアム。なお、MKドンズはデレ・アリの前所属クラブ。

 

建設現場ではどのような仕事をするのか?

きっとその現場の責任者だろうね。多分、指差しして「そことそこ、その次はそっちね」と指示するんだ。一番大事なのは忍耐をもって行動で示すこと。みんながクラブのためにやっているようにね。今は大変な時期にある。今シーズン初めから毎回この記者会見で言っているが、文句を言うのは簡単だ。だが最も難しいことは、我慢強く問題に対処するために取り組むことだ。スタジアムがまだ建設中だという問題、まだそこで試合をできないという問題だ。