/マウリシオ・ポチェッティーノ:カーディフ戦の後の記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:カーディフ戦の後の記者会見(動画付)

ポチェッティーノの記者会見:空席の目立つスタジアム、ソンのカルマ、ローズの負傷など。1-0で勝利したカーディフ・シティ戦の後の記者会見全文。

 

 

パフォーマンスの感想は?

ベスト・パフォーマンスではなかったと思う。我々は勝利と3ポイントに値したと思うし、これで順位表でトップと1ポイント差となり、とても良い位置につけることになったのでそれが一番重要だ。だがもちろん、シーズンの終盤にも今の順位に留まって優勝争いをしたいのであれば、我々のパフォーマンスはまだまだ改良が必要だよ。

バルセロナに敗れた後のプレーだっただけにとても難しかったが、勝利には満足している。もっと良いプレーができたと思うし、最後までトップ4を争っていくにはもっと良いプレーをしなければいけないね。

 

試合開始時点での空席の数に驚いたように見えたが?

私はそうだね。ちょっと空席には驚いたが、厳しい状況は理解している。ファンにこれ以上をお願いすることはできない。もちろん厳しい1日だし、天候もすべて、簡単じゃないよ。だが、そうだ。正直言えば、私は上の階の席が空席だらけだったのは少し驚いたよ。

 

今日、選手たちは疲れていた?

ノー。私は疲労について話していないよ。対戦相手がエネルギー全開だったと思うし、とても良く走っていたね。もちろん、試合の序盤に我々がゴールを決め、その後、我々は試合をコントロールし決定づけることに失敗した。こういった試合展開は常に起こりうるものだと思っている。簡単な試合になるかと思われたが、もしも相手がセットプレーやサイドからのフリーキックでゴールを決めていたらややこしいことになっていたはずだ。これから別の形で話しをしていかなければならないだろうし、10人になったカーディフが同点に追いついていれば、ドラマが生まれたことだろう。

だが、戦況が我々に味方することもあれば、敵に回ることもある。勝利には満足しているが、正直言えばまだまだ改善が必要だ。試合を決める必要がある。もっと試合をコントロールする必要があるし、ホームであればもっと落ち着いてプレーする必要がある。試合をコントロールしなければいけないよ。満足しているし、チームの努力はファンタスティックだったし、バルセロナ戦の後で戦いの準備を再び整えるのは大変だったが、我々はよく戦ったし、あとは改善を進めるだけだね。