/マウリシオ・ポチェッティーノ:インテル・ミラノ戦に向けての記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:インテル・ミラノ戦に向けての記者会見(動画付)

 

これはウェンブリーをホームとした最後のチャンピオンズリーグになるだろうが、大勢のファンのサポートの重要性は?

もちろん、明日、スタジアムが満員御礼になってくれることを願っているよ。しかし、満員ではなかったとしても、何も不満を言うつもりはないん。我々のファンはこの1年半、ファンタスティックであり続けた。大切なのは、クラブの我々スタッフ全員がファンの苛立ちや失意を理解することだ。ファンは今頃、新しいスタジアムにいると期待していたんだ。我々は常に彼らの後押しを感じているよ。もちろん、ウェンブリーでは5万人でも6万人でも空席が目立ってしまうが、ファンにはとても満足している。もちろん、彼らがどの試合でも私に満足してくれることはないだろうが、それがフットボールというものだ。私はファンに満足している。誇りに思っているよ。ご存知の通り、私は根っからのアルゼンチン人だし、ニューウェルズ・オールドボーイズやエスパニョールで10年以上プレーし、そしてクラブを指揮してきたが、ここのファンは特別だよ。いつだって私の心血をファンのために注いでいる。待ちで会っても、ピッチの脇でも、彼らの存在が我々の大きなエネルギーとなって伝わって来るんだ。

 

 

チェルシー戦でソンを先発起用した理由は?

あの試合を観たなら、あなたにも理由は分かるだろう。ソニーなら出場すれば良いプレーをしてゴールを決めてくれると見立てたからさ。

 

予想していたということか?

私が選手選考する時はいつだって望み通りの働きをしてくれることを期待しているよ。もちろん、とは言え、予想するのは難しいけどね。だが、予知能力というか、フィーリングというか、知見だね。我々が持つ多くの情報からだ。それが理由さ。皆さんだって皆さんの仕事のなかであるだろう。いつもと違う状況なり、人の雰囲気なり、なぜその男を選んだか説明が難しいこと理由で、先のことを読めたりする。私だって、そういったものを感じるんだ。フットボールでは多くのプランがあるし、いろんなことに取り組んでいるが、確率なりもそう。1パーセントか5パーセントか、10パーセントかを言うことはできないが、予知能力というか直感というか、雰囲気だね。

もちろん、そういったものを引っくるめにだよ。11人の選手すべてがどう働くかなんてことじゃなくね。上手くいってる時はファンタスティックだが、上手くいなかければ大きな問題だ。バランスを保つことだよ。適切なバランスをね。もちろん、彼のパフォーマンスには満足している。多くの試合が控えているし、ローテーションしていくことになる。他の選手と同様に彼もそのローテーションに入ってくる。いつだってそう。彼には出番があるし、そこで全力を尽くすんだ。

 

ワールドカップとアジア競技大会を経たが今はフィットしている?

夏にあったことは忘れることはできない。今、彼がフィットしているかは言えないし、使い潰すことは避けなければならない。彼のことをしっかりと管理して、出番があるときに彼のベストの状態に持っていくことが大事だね。