/マウリシオ・ポチェッティーノ:インテル・ミラノ戦に向けての記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:インテル・ミラノ戦に向けての記者会見(動画付)

 

膝を負傷したヴィクター・ワニアマはかつて長期離脱を強いられた古傷と同じ患部?

クラブがどう発表してるか知らないが。(広報担当に目をやり)古傷ではない、膝だ。あぁ、OKだ。

 

その負傷を心配している?

大きな問題になるか、小さな問題になるかをいつも気にかけているよ。問題がどのようになるのか。そこが一番の肝だからね。我々は今、様子をみているところだ。どのようになるかをね。チーム練習には参加しておらず、離脱している。様子を見守りながら、より良い情報が来るのを待っている状況だ。

 

グループ突破の重要性を収益面やチーム強化の観点から説明して?

昨シーズンと同様に、次のシーズンのチャンピオンズリーグの出場権を獲得するにはハードワークが必要だからね。それにクラブにとってチャンピオンズリーグに出れるかどうかで収益面の影響も大きいよ。しかし、戦う立場からすれば、まだこの大会に残っているのだから、気持ちを解き放って戦う必要があるんだ。次のラウンドに進めなかったら多くの収益を失うとか、クラブに悪い影響があるとか、そういったことを気にかけてはいられないよ。トッテナムはチャンピオンズリーグに出場し、そこで戦うことを熱望している。そして、次のステージに進むにはいくらか運が必要だし、良いパフォーマンスで最高の状態に仕上げて戦うことが必要になる。ワールドカップやチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグやFAカップ、リーグカップのような短期決戦になれば、いくらか運が必要になるよ。これからグループステージの残り2試合に挑むが、その先のチャンピオンズリーグは3月から再開となる。その時期にいくらか問題を抱えていたり、負傷者がいるのかどうか、チームの調子が良いのかどうかも分からないからね。

だからこそ、10ヶ月を戦い抜くプレミアリーグでは安定感が必要になってくるんだ。どこが優勝しようとも、その結果に相応しい最高のチームなんだ。カップ戦やチャンピオンズリーグは組み合わせや運やいろんなものが関わってきて難しい。チャンピオンズリーグやFAカップ、リーグカップは常に最高のチームが優勝するとは限らないんだ。しかし、ユベントスは昨シーズンのイタリアでリーグ戦を制したから最強だし、マンチェスター・シティはプレミアリーグを制したから最強で、バルセロナはスペイン、ドイツはバイエルン・ミュンヘンが制した。そこは疑いの余地がない。しかし、チャンピオンズリーグやFAカップ、リーグカップは、いくらかの運でおそらくファイナルにはたどり着くし、さらに理由が重なればファイナルに勝ち優勝できる。たったの1試合か数試合ならね。気持ちを解き放つことだよ。明日の試合には勝ちにいく。収益面ではなく、競技面でそれが大切だからね。クラブの未来の収益のために我々は戦っているわけじゃないんだ。