/【スパーズ対APOEL】マウリシオ・ポチェッティーノ監督の試合後会見(動画付)

【スパーズ対APOEL】マウリシオ・ポチェッティーノ監督の試合後会見(動画付)

 

マウリシオ・ポチェッティーノの記者会見:3-0で勝利を飾ったアポエル戦。ローズの交代、エンクドゥ、ジョレンテについて、他

 

 

グループステージを良い形で終えハッピーか?

とてもハッピーだね。今日のパフォーマンスはよかった。それぞれの選手たちがプレーする機会を得て能力を示すことができたし、彼らのためにもとても嬉しいよ。より多くの選手がより競い合って、常時ファーストチームにいて先発する選手たちにプレッシャーを与える。これは大事なことだよ。

これから過密日程を迎える。より多くの選手が自信を持って、先発の座を競い合う。これはとても重要だ。大いにチームの助けになる。

 

ダニー・ローズは交代の後、そのままトンネルへと下がったが、何が起こったのか?目の上を切ったように見えたが?

そうだ。非常に大きな傷だ。縫う必要があったしリスクを冒す必要はない。彼は奥へ行って傷を縫う必要があった。

 

何針縫わなければいけなかったのか?

4針か5針かな。覚えてないよ。大きな傷だった。

 

フェルナンド・ジョレンテについては?

とても嬉しいね。彼にとってとても重要なことだったよ。ストライカーと言うものはいつでもネットとゴールを感じていなければいけないんだ。今日は彼にとってファンタスティックだったね。選手にとって、新しいクラブに自分の力を適応させるのには時間がかかるんだ。

プレシーズン無しでやってきた場合には時間が必要だし、プレーやチームにフィットしたり自分のベストの状態を見極めたりする機会が余りない場合はね。とてもハッピーだよ。90分プレーすることは多くの選手にとってとても重要なことなんだ。90分をフルに感じることを心待ちにしていた選手たちにとってね。

30分、20分や15分のプレーは全く違うものだ。90分を通して力を出し切ることができると言う感覚はそれほど大切なんだよ。

 

 

フェルナンドはイライラがつのっていたのか?

そうだね。前にも言ったが、彼は再びゴールすることを本当に待ち望んでいた。ストライカーにはネットの感覚が必要なんだ。彼らが毎週毎週どれだけそれを待ち望んでいるか、君たちもよく知っているだろう。プレーするだけじゃない。ゴールが大事なんだ。とてもハッピーだ。彼はとてもハッピーだよ。いつでもチームのためにプレーする選手だ。本当によく貢献してくれる。だが今、彼はより自信と信念を得て、もっともっとチームのためにやってくれると思うよ。

 

タフだった昨シーズンのチャンピオンズリーグから一年。今シーズンは他のどのチームより多くのポイントを獲得してグループステージを終えた。この変化をどう捉えるか?

非常に大きな変化だね。全く違ったものと感じているよ。昨シーズンは自分たちのプレーにも、チャンピオンズリーグで戦うことの難しさにも、非常に落胆した。今シーズンは大いに進歩した。実際どの試合でも多くのエネルギーを使ったし、おそらくそれがプレミアリーグにも少々影響しているかも知れないね。今は、プレミアリーグに照準を合わせ、また勝ち星を重ねなければね。もちろん、1シーズンでこれだけ変わったことは、我々にとって大きなステップアップだ。

 

組み合わせで避けたいチームはあるか?

いいや、ないね。次に当たる可能性のあるチームは、どれも強力で良いチームばかりだ。難しいよ。どの相手も難しい相手だろうと思うからね。

 

エンクドゥのパフォーマンスについてはどう思うか?

うん、彼のためにもとても嬉しいね。得点したのはとても良かった。彼もジョレンテのようにスマイルできる。

とても若い選手だ。ここ数週間の頑張りやその姿勢には満足していると言ったよね。そしてこの結果のみが、チームを助け彼自身のためにもなるんだ。

 

彼はもっと出場機会が必要か?トッテナムでの未来はあるか?

イエス。もちろんだ。彼はまだまだ若い。若い選手たちには慎重にならないとね。彼は若いし、スピードには長けているが、フランスからやってきて、人生に多くの変化がおこった。周りに適応して本来のパフォーマンスを発揮するようになるまで時間がかかるものだ。彼は良い若者だよ。試合前にも言ったよね。いつも笑っていてとても感じのいい子だ。みんな彼が大好きさ。彼に機会をあげられないときには、みんなも私も残念に思うんだ。

それが彼の後押しにもなるし、助けにもなる。そして今日は彼にとって大きなチャンスだった。我々もハッピーさ。今はもっともっと向上できるよう、彼の後押しをしなければね。

 

 

スパーズのファンは決勝まで進むと言う夢を見てもいいのか?

そうだね。大事なことだし、そうなればファンタスティックだね。そしてチームにとっても大きな誇りとなる。

だが、先はまだ長い。次の試合は2月末まで待たなければいけない。対戦相手がどこかもわからないしね。そこまでのレベルを保つことを望むよ。もちろんより大きなモチベーションも、他のすべてのこともね。世界一の大会でプレーするのはとても大きなことなんだ。

もちろん全ての試合で勝利を狙うし、できるだけ上へ行けるよう努力する。だが、フットボールでは、夢はいつでも見ることができるんだ。そうだよね。夢を見ることはできる。

 

チャンピオンズリーグでのパワーはプレミリーグのチームへとシフトしたのか?

それを言うにはもう少し待たないとね。もちろん、5チームが次のステージに進んだ。今はチャンピオンズリーグでのプレッシャーに耐えて競い合い、準決勝や決勝に進む力があると示さなければ。

チャンピオンズリーグでここ数シーズンは、常にバルセロナやマドリーのようなスペイン勢が優勢だった。

プレミアリーグ勢が優勢になるといいがね。チャンピオンズリーグに出ているチームはここで素晴らしいパフォーマンスを見せている。決勝まで進むチームがあればイングランドにとってファンタスティックなことだ。そして当然そこで優勝できればね。

2019年のカレンダー(スパーズ公式)