/マウリシオ・ポチェッティーノ:ブライトン戦の後の記者会見、ラメラやガッザーニガ(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:ブライトン戦の後の記者会見、ラメラやガッザーニガ(動画付)

 

今週、セットプレーの守備の練習に取り組んだ?

我々が今回戦ったブライトンは、シーズン序盤でおそらくセットプレーで最強のチームだったと私は思っている。相手は難敵でセットプレーを重点的に鍛え上げているチームだ。以前は数日間を掛けての我々の取り組みが少なかったが、今回はピッチの上よりもビデオを見ての対策に時間を掛けたよ。それはメンタリティやアグレッシブさなどが重要なことを示していた。今日のチームは、守備の仕方がファンタスティックだったと思うね。フットボールは組織力だ。組織でチームの求める哲学やメンタリティ、闘志を浸透させ、それによって全力を出すことができるようになるんだ。今日の我々の戦う姿勢はファンタスティックだったし、それに私は一番喜んでいるよ。

 

ハリー・ケインはPKを決め、試合終盤には良いポジション取りを見せたが、彼のパフォーマンスについては?

いつだって私にとってはリーは最高の選手の1人だ。我々チームのベストプレーヤーの1人だよ。その思いが揺らぐことはない。ピッチ上に立つことは保証されている。スペシャルな選手だからだ。私にとって偉大な選手であり、単に今日はゴールを決めたからというわけではない。これまでゴールを決めなかった試合でも、それは変わらないよ。

 

決勝ゴールを決めたエリク・ラメラは今シーズンをキャリア最高のシーズンにできるか?

分からないよ(笑)断言はできないね。イエス、私には先の見通しがあるが、ラメラがどうなるか、在籍5年のクラブでベストなシーズンをおくれるかは考えたことがないよ。分からない。分からないね。どんなことでも起こりうる。イエス、彼が良い気分でいつも我々が要求するクオリティを発揮してくれることを私は望んでいるよ。今日は見事なゴールを決めてくれて満足している。彼がチームのファンタスティックな連携の最後の締めをしてくれた。その点に私は満足しているんだ。