/マウリシオ・ポチェッティーノ:ウォルブス戦の後の記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:ウォルブス戦の後の記者会見(動画付)

 

何人かのビッグ・プレーヤーをPSV戦に向けて温存した?

どの選手だ?

 

クリスチャン・エリクセンにデレ・アリ、ダビンソン・サンチェスだ

OK、説明するよ。ダビンソン・サンチェスは月曜と水曜に90分間プレーした。今日プレーして、火曜日もプレーして、さらに土曜日もプレーしたら大きなリスクになる。とても大きなリスクになると私は思う。そしてフアン・フォイスにはとても満足していたし、トビーはカラバオ・カップには出場しなかった。デレ・アリとクリスチャン・エリクセンは、あなたが我々の情報をフォローしているのならお分かりだと思うが、負傷から戻って来たばかりで、我々は賢明になって管理する必要がある。そういうことだ。私にとって、そういったビッグプレーヤーは存在しない。それを言うならビッグチームでありビッグスカッドだ。チーム層の厚さをウェストハム戦でも今日の試合でも我々は見せた。マンチェスター・シティのようなチームでもここ(モリニュー・スタジアム)では引き分けだった。このチーム戦力に、もう少し高い評価を与えられる必要があると思うね。誰もシソコやファンタスティックな仕事をしている他の選手、ベン・デイビスやハリー・ウィンクスには触れないね。彼らも大いに貢献している。いつもビッグプレーヤーを取り上げたがる。全選手がビッグプレーヤーだよ。全選手がビッグプレーヤーだ。ビッグプレーヤーという言葉を私は好きじゃないね。すべての選手に対して同じリスペクトを持って、同じような重要性で語ってもらいたい。我々チームに適切なメンタリティが備わっていれば、誰が出場しようとも試合に勝てる。我々にビッグネームがいたとしてもチームのメンタリティが脆弱であれば、勝利はできないだろう。名前だけでピッチに立てるようなチームであれば我々は弱体化するよ。