/マウリシオ・ポチェッティーノ:オリンピアコス戦を控えての記者会見

マウリシオ・ポチェッティーノ:オリンピアコス戦を控えての記者会見

雰囲気を話題にしているが、オリンピアコスの戦術面については?

もちろん、このような雰囲気でプレーするのは大好きだよ。私はアルゼンチン人だし、明日の試合の雰囲気のようにファンが大いに盛り上がる試合を戦うのが大好きだ。戦術面においてタフだろうね。彼らのクオリティを用いてどのように彼らが戦うのかを知っている。ポルトガル人指揮官のペドロ・マルティンスは、守備からきっちり作り、早くボールを動かしてくる良いフットボールを好んでいる。私たちは互いによく相手を知っているよ。

試合のカギは彼らのモチベーションであり、試合を支配しようとする意気込みだろう。両チームが似たような哲学でフットボールをしている。試合を支配できれば、相手のトランジションを止め、走り込みを止めることができ、相手を自陣深くに追い込める。オリンピアコスのようなチームを倒すためには、私たちやらなければいけないことが多くあるよ。本当に大変な試合になるだろうね。

オリンピアコスの選手で注目しているのは?

チーム全体のことを私たちはよく知っているが、1人を話題に取り上げるとすれば、フランス人ということもあり、隣にウーゴ(ロリス)もいるので、マテュー・ヴァルブエナだな。あとは他の決定的な仕事ができる選手だ。しかし、より重要なのはチームであり、彼らの哲学であり、戦い方だよ。個々の選手よりもそちらの方が重要だ。私たちは常に対戦相手を分析しているが、それは戦術面にだけ注目しているのではなく、ヴァルブエナのようなオリンピアコスのキーポイントとなりうる個々の選手についても見てるよ。

昨シーズンのチャンピオンズリーグはスタートが不調だったが、今回は選手に何か言い聞かせたか?

昨シーズンと同じだよ。イスタンブール(決勝の舞台)に辿り着くためにね。それが私の答えになるが、勝利でスタートを切ることの重要性はよくわかっている。フットボールでは常にそうだ。気を引き締め、それを言い聞かせて取り組んでいく。それでも明日の7時55分のキックオフの際に、我々はクオリティを見せなければいけない。昨シーズンの出来事はもう過去のことであり、別のシーズンを比較することはできないよ。

フットボールは口でするものではなくプレーでするものだ。明日、過去から私たちが学んだことを発揮する必要がある。グループステージを良いかたち、勝利でスタートしたいね。

Tottenham Hotspur