/マウリシオ・ポチェッティーノ:シティ戦の後の記者会見

マウリシオ・ポチェッティーノ:シティ戦の後の記者会見


最後にゴールが決まったとき、あの問題に気づいていたか?

私はVARがフットボールに存在することを受け入れている。私は過去に少し批判的だったね。私の話を聞いていて、皆さんはあまり良い気分ではなかっただろう。私は30年以上前のフットボールが大好きなんだ。私は昔からフットボールを観ている。私はフットボールが大好きで、当時は審判がすべてを仕切っていた。判定を決めるのは他の人ではない。そのプレーを見るか見ないか、間違っているか正しいかではなく、審判次第だったんだ。

今、私たちはテクノロジーとフットボールの新しい時代に与える。私たちは新たなルールを受け入れるつもりだ。私は将来、いくつかの決定が必ず私たちに不利になるだろうが、それを受け入れるつもりだ。同じ顔で同じように受け入れるよ。ルールはルールであり、VARは導入されたんだ。

問題があったことは知っていたか?

あぁ、(アシスタントコーチの)ヘススが私に教えてくれたからね。私たちは状況を見守っていたんだ。なぜなら最後の瞬間にコーナーから失点したことで、私たちは少し動揺していたからだ。次の瞬間、VARが発動しヘススは「ハンドボールだ」と言った。あのチャンピオンズリーグで起こったような数ヶ月前の感情と同じだったよ。「やられた」と思ったら「大丈夫だった」ってね。まだプレー時間が数分残っていた。VARとトッテナム、そしてこのスタジアムは信じられないよ。他のチームでは起こり得ないことさ。

あの判定の後、ペップ・グアルディオラと何を話していた?

最初にVARについて話していたよ。もちろんただの会話さ。バルセロナ時代、彼はバルセロナにいて、私はエスパニョールにいて、私たちはいつも半年ごとに会って話していた。2人の監督が互いの意見を共有し合うのは(スペインでは)一般的な習慣ですが、ここ(イングランド)ではそれはないから、時々会って話をするのは難しいんだ。

数週間前にプレミアリーグの会合で会ったのさ。そのとき、私たちは会話をしながら違う方向に進み続けた。私たちが同意し合うことも、反対することもある。2分間ほどだったが、試合に集中するのではなく、会話だけに集中できて良かったよ。すべてがOKさ。

TAGS:
Tottenham Hotspur