/マウリシオ・ポチェッティーノ:アヤックス戦(2nd Leg)の後の記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:アヤックス戦(2nd Leg)の後の記者会見(動画付)

 

ファイナルはイングランド勢対決となったがリバプールを倒せるか?

少しリラックスさせてくれ。リバプールについて話す機会はまた今度だ。ユルゲン・クロップと選手たち、リバプールを祝福したいね。彼らはアメージングさ。我々は大いに楽しんだよ。バルセロナとの試合を観て、彼らもまたヒーローだった。もちろん2つのイングランドのチームが戦うアメージングなファイナルになるだろうね。我々は楽しませてもらうよ。

 

昨日言った通り、ファイナルに勝利したらトッテナムを去るのか?

イエス。私は去るよ(笑)おそらく負けてもね。

今日のピッチ上でルーカス・モウラは最も落ち着いていた。彼のスパーズのキャリアでここまで到達するのに時間を要したが喜ばしいか?

3ゴールでハットトリックを記録したんだから、他の選手がスーパーヒーローなら、彼はスーパースーパースーパーヒーローさ。彼はアメージングだったね。ゴール前で冷静だったよ。彼にとってはファンタスティックでマジカルな夜になった。彼はとても重要な選手さ。我々がトッテナムにやってきてから5年間で互いのことを理解し合ってるのがとても大切なことだと思う。メディアの皆さんと私は戦っているのをよくご存知だろう。皆さんにとって、我々のローテーションを理解するのは大変だが、いつだってチームこそが一番重要なんだ。選手の名前じゃない。トッテナムが最優先なんだよ。皆さんが言いたいことはよく分かるが、有名選手よりもチームの方が大切だってことさ。誰かが出場できなければ、他の誰かが出場するまでさ。

誠実に25人の選手をリスペクトしていれば、毎日、彼らと向き合う必要があっていく必要があるんだ。大きなことをやってのけるには、25人の選手が必要だとハッキリと表明することさ。もちろん、リスペクトしてね。ある選手がプレーできなければ、他の選手がその間は試合にでるんだ。チーム戦力の全体を信じてきたことが報われたのさ。

ルーカス・モウラは大変な時期にやってきた。我々は常に彼のより活躍できるように後押ししてきた。彼には大変な時期だったが、いつだって我々は彼のことを信じていたよ。いつだって彼をリスペクトしていた。今日の姿を見ただろう。ハリー・ケインを欠いていたことで、多くの人がソニーを話題にしていたが、今日はルーカス・モウラが3ゴールを決めたんだ。すべての選手をリスペクトしていなければ、たった11人の選手を維持することもできないんだ。試合を勝利に導けるような選手が何人かいたって、チャンピオンズリーグのファイナルに到達するには24〜25人が必要だし、すべての選手と正直な関係を築かなければならない。彼らのベストな力を引き出すことが必要になる時があるからね。