/マウリシオ・ポチェッティーノ:ニューカッスル戦の前の記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:ニューカッスル戦の前の記者会見(動画付)

 

バチュアイがスパーズ加入に迫っていたと報じられているが悔しかったか?

ノー。おそらく皆さんの方が詳しいんじゃないか。多くの報道や噂が出回っていて、皆さんは多くの情報に触れることができる。私以上にね。

そういったことについて私は話しはできない。移籍マーケットのたびにあらゆる起こったかもしれない状況を我々は待ち続けているんだ。

その噂について私から言うことはないと思う。我々はこれから数ヶ月間、我々が望む結果を出すためにチームに貢献できるクオリティを持った選手の獲得にはオープンだったということさ。だが、そのクオリティを我々は補強することはできなかった。

私が補強しないことを望んだのではない。我々が新たなクオリティを補強できなかったんだ。私はオープンだったが、いろんな事情で望んだ補強ができなかったんだよ。

 

シーズンの重要な時期に入っているがフラストレーションは?

私はクラブのプロジェクトに貢献することにやりがいを感じている男だよ。前回の記者会見でも言ったが、常に私のアイデアはクラブや会長や他のスタッフと一致しているわけじゃない。

いくつか我々が従わなければならない要件があったりして今はいくつかの決定を下さなければならないんだ。皆さんはこの移籍マーケットかその前の移籍マーケットで補強したかったのでは、と聞いてくるが、もちろんチーム戦力を強化したかったよ。それでも我々はそれができなかったし、チームを盛り上げるための補強が私はできなかった。クラブのプロジェクトに従うためにね。

残念だよ。我々はとても良いポジションにいて、何人かの補強があれば真のタイトル候補になれない言い訳がなくなるからね。

今日、ここから我々は歩き始めるんだ。我々には夢がある。今、良いポジションにいて最後までより高みを目指して戦い続けるよ。

Tottenham Hotspur