/マウリシオ・ポチェッティーノ:アストンビラ戦の後の記者会見

マウリシオ・ポチェッティーノ:アストンビラ戦の後の記者会見

どれほど難しい試合だった?

前半は難しかったね。スタートは良かったし、初めて彼らが私たちのゴールに迫ったところで失点をしてしまった。その後、私たちは自分たちがやりたいようにプレーする方法を見つけられずにいたよ。私たちは準備をして臨んだが、それはいつも監督の責任であり、私の計画がうまくいかず、私たちが軽率な決断をしてしまったせいで、ピッチの上でぎこちないプレーになってしまった。最初の45分はベストではなかったが、後半になってからはプレーすべきベストなポジションを見つけてボールを動かし、チャンスを作り始めた。私たちは完全に勝利に値したし、相手は非常に深い位置でコンパクトに守っていた。もう一度試合を評価してみれば、この勝利は私たちにとって良いものだろうね。

変化に乏しかったチームにエリクセン投入によってどれほど違いが生まれた?

その意見には賛成できないよ。前半は少し変化に乏しかったと思うが、プレーのなかでボールを素早く動かすためのベストなポジションを見つけることができなかったんだ。相手はとてもコンパクトだったね。後半はとてもよくプレーできたよ。もちろんクリスチャンがピッチに入った時、彼はよりフレッシュでよりクオリティがあった。もちろん、彼は一流の選手だ。彼がチームの勝利に貢献してくれたのは、とても嬉しいね。90分間のプレーはできないにしても、ベンチからピッチに入って彼の資質が勝利のために役立ってくれたね。

前半にうまくいかなかった理由は?

ピッチ上での落ち着きや攻撃時のポジション取りがいつものようにはうまくいかなかったね。選手の責任にするのは避けたいし、選手ではなく、私たちの決定の問題で、計画はうまくいかなかったんだ。選手たちを責めるのではなく、私自身を責めるべきさ。なぜなら、私はこのようにプレーすることを決め、後半で選手たちがより良くプレーできるように手助けし、私たちが望む空間を見つけ、よりうまく機能するようにしたからだよ。

VARのチェックを受けた相手のハンドの場面については?

トビー・アルデルヴァイレルトがシュートを撃った時の?私にとって、あれはPKでは無かったよ。正直言って、あれはPKを与えるべきではないね。ヨーロッパでは違うが、ここイングランドではあれは問題ないことだ…。私たちは先週たくさんのレフェリーと話していた。今回のは意図的ではない。このような状況では、PKを与えることはできないと思うよ。

Tottenham Hotspur