/マウリシオ・ポチェッティーノ:オリンピアコス戦の後の記者会見

マウリシオ・ポチェッティーノ:オリンピアコス戦の後の記者会見

今日のパフォーマンスは?

とても残念だ。正直なところ、前半のパフォーマンスに満足していないよ。私たちは最初からプランを持っていたが、そのプランを尊重しなかった。それが私を一番がっかりさせたんだ。ハーフタイムに選手たちに言ったよ。

PKとルーカスのゴールで2得点を入れたが、パフォーマンスを分析するだけでは良くない。私たちはオリンピアコスに多くのチャンスを与え、1つ目の失点を許したかたちはとても痛かった。私たちは土曜日で見せたような、このようなレベルの試合が必要とするアグレッシブさが発揮できなかった。それが私の最大の失望だよ。

後半、私たちはより良くなり、気持ちが入り、変化したが、その後、私たちは非常にお粗末なPKを与えてしまった。もちろん、ゴールのチャンスを作ったよ。私たちは後半に優位に立ったと思ってたが、全体的にはこの結果はまずまずだと思うね。

2016年5月から2点差を追いつかれたことが無かったが今月だけで2回目になる。選手に叩き込んだ指導が抜けてしまったのだろうか?

それは簡単に説明できるね。私たちが戦いで要求される激しさを発揮できなければ苦闘するんだ。クオリティについて話しているのではない。気を引き締めて、集中し、アグレッシブになって、アクションを予測するんだ。私たちは今日、何回か予想しただろうか? 私たちはパレス戦とは打って変わって、先を読んで動くことができなくなってしまった。

この3日間はとても良い例だよ。まったく変わってしまった。戦術でもなく、クオリティの高い選手でもない。戦いの心構えに関するクオリティが重要なんだ。

このレベルでは、強度やアグレッスブさ、興奮やモチベーションの点で相手と渡り合う必要があり、試合に向かっているときに個々の選手のクオリティが現れる。これが最初にその点が求められるんだ。一人だけの責任ではない。すべての選手の責任であり、3日間でここまで試合への入り方が大きく違ってしまうなんてあり得ない。残念だよ。みんなの出来にがっかりだ。

もちろん、それにしても私たち2点を決めて、おそらく後半にはプレーが良くなったと言えるが、今シーズンの初めから多くのチャンス、多くのゴールを許してしまっており、その方法を変える必要があると思っている。私たちがそれを変えるための唯一の方法は、私たちが自らにより多くを要求することだと思う。それが私たちが変える方法であり、別の日の試合であっても一貫性を保って、今日のような戦い方ではなく、パレス戦のようなパフォーマンスを見せることだ。

オリンピアコスのパフォーマンスに驚いたか?

驚いてはいないよ。私たちは、彼らにクオリティの高い選手がたくさんいて、私たちにとって厳しい試合になることをよく知っていた。チャンピオンズリーグは世界で最も厳しい大会の一つで、だから私を驚かせなかったんだよ。

私たちの試合の入り方に少し失望したってことを私は説明しようとしたのだ。オリンピアコスは称賛に値するね。彼らはとてもよくプレーしていたし、とても良い試合をした。レッドスターやバイエルン・ミュンヘンとも渡り合える非常に優秀なチームだよ。

シーズン初先発のデレ・アリの次の課題は?

彼は負傷をしていたので復調する必要があった。私たちは、彼が以前と同じコンディションを取り戻すために必要なサポートをするよ。今日は厳しい試合だったが、組織のパフォーマンスは前回と同じではなく、もちろん素晴らしい試合とは言えないものだったが、全体的には彼のプレーには満足してるよ。もちろん、私たちは彼がさらに改善する必要があることをよくわかっているが、彼が今必要としているのは時間なんだよ。

Tottenham Hotspur