/マウリシオ・ポチェッティーノ:ボーンマス戦を控えての記者会見

マウリシオ・ポチェッティーノ:ボーンマス戦を控えての記者会見

 

選手が残りたいと思うような環境をあなたが作っているように思えるが…

トッテナムでみんなが楽しめるような環境をみんなで作り上げているんだよ。選手たちは楽しんでいるし、ファンは楽しんでいるし、我々も楽しんでいる。4年半前、ここでスタートを切るのはすべての人にとって大変なことだった。最初の6ヶ月間のすべての記者会見を私はハッキリと覚えているよ。いつもトップ6とのギャップを埋めることについて質問をされたね。どのように4位以内に入っていくか、どのようにビッグゲームを戦うか。どのように安定した戦いができるようになるか。どのように、どのように、どのように。多くの質問が飛び交っていた。それから4年半が経ち、我々はとても良い位置にいると思うね。これからは最後のステップであり、最も難しいステップを踏い出すんだ。あと一歩に見えるが、それほど近くはないかもしれない。だからこそ、我々は前進を続けているが、我々には挑戦を続けるだけのエネルギーがあるよ。

 

5試合連続で先発しているムサ・シソコはここで温存か?

イエス。バーンリー戦のスキップのパフォーマンスはとても良かったからね。今日もトレーニングで彼は凄くリラックスしていたし、パフォーマンスはファンタスティックだったよ。パフォーマンスだけではなく、ピッチの上での動き方もね。エネルギーも漲っているし、ボールタッチも安定していたね。18歳だが、落ち着いてボールに触れている。あのポジション(ミッドフィルダー)でプレーするからには、そのクオリティが欠かせないんだ。それが出来ない場合は、その落ち着きを教え込むのは大変だからね。彼を起用できるおかげでムサ(シソコ)を温存できる。ムサは多くの試合に出ているので、休養が必要だろうね。明日に様子を見てからチームにとって最善な決定するよ。そうやって決めるのは簡単だが、チームに良いエネルギーを送り込むことも大事なんだ。フレッシュに戦うことができれば、足が動くべき時に動いてくれるだろうからね。チームのバランスを適切に保つことが大雪だよ。おそらくフレッシュではない選手もいるだろうが、他の選手のエネルギーを加えることでやりくりしていくよ。