/マウリシオ・ポチェッティーノ:ボーンマス戦を控えての記者会見

マウリシオ・ポチェッティーノ:ボーンマス戦を控えての記者会見

マウリシオ・ポチェッティーノの記者会見:ボーンマス、タイトル争い、エリクセンの将来など。ボーンマス戦を前にしたポチェッティーノ監督の記者会見のコメント全文。

 
 

タイトル争いから脱落するとしたらその理由は?

理由は分からないよ。我々よりも優れたチームがいるってことかな。例えばシティやリバプール、チェルシー、ユナイテッドにアーセナルさ。我々が争っているのはビッグチームだと思うからね。もちろん、我々のチームのクオリティや戦い方には信念を持っているが、プレミアリーグを戦っていくにはそういったビッグチームたちを相手にするわけで、いつだって難しいんだ。そのようなアプローチで戦いに挑むんだよ。我々が勝利を飾ったオールド・トラフォードでのマンチェスター・ユナイテッド戦の後を覚えているなら、私は勝利したとはいえ、落胆のコメントを残していたはずだ。あの試合の後から我々は多くを学び、大きく成長したよ。フットボールはリスペクトに溢れているし、ピッチの上でこそ語られるべきなんだ。今、我々がすべきことは、ボーンマス戦への準備さ。タフな試合になるだろうからね。そのラインを超えることができるとすれば、あの結果については考えずに次の試合でも安定した戦いができるように集中することだね。おそらく我々はいつかはタイトルを獲得できるだろう。チャレンジだ。今シーズンは我々にとって大きなチャレンジだよ。ワールドカップの後の最初の私の記者会見を覚えているかい。そこで、我々にとって最も難しいシーズンになると語ったんだ。そこから我々は今どうなった。とても良い順位につけている。チャンピオンズリーグえはラウンド16に残り、カラバオ・カップではセミファイナルに到達した。これからFAカップも戦うし、プレミアリーグでは3位だ。あらゆる環境が我々にとって逆境であり、シーズンの開幕はベストな状況とは言えなかったが、我々は大いに戦い、凄まじいチャレンジを乗り越えて、結束して戦い、ファンタスティックな戦果を出してる。明日の試合の準備を整えることさ。ボーンマスとの試合に向けてね。試合は待ってくれないんだ。数分間で戦局は一変してしまう。しっかりと自分たちのクオリティを発揮して、戦いの準備を整えないとね。私にとって、世界で最も過酷なリーグこそプレミアリーグなんだよ。

 

夏に主力選手と契約延長をしたが、2019年はクリスチャン・エリクセンの契約延長に漕ぎ着けることができそうか?

フットボールはダイナミックで、日々、そして毎シーズン、変化し続けている。皆さんが依存しているものが多くあるのはご存知だろう。あなたの判断だけでなくね。選手の判断だって重要だ。今はこの瞬間を楽しむ必要がある。彼のような選手はチームの求める素晴らしいパフォーマンスに徹してくれている。シーズン終了時の判断か、これから数日後に判断するか。フットボールはダイナミックで、常に判断、判断、判断、判断なんだよ。クラブにとって最善の判断ができることを私は願っているし、選手は選手自身の未来やクラブにとって最善の判断ができることを願っている。多くの決定事項について交渉が持たれている。繰り返すがフットボールはとてもダイナミックなんだ。どんどん先に進んで行かなければならないんだよ。