/マウリシオ・ポチェッティーノ:CLのアヤックス戦(1st Leg)を控えての記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:CLのアヤックス戦(1st Leg)を控えての記者会見(動画付)

 

アヤックスはスパーズよりもフレッシュか?

たぶんね。我々は土曜日に戦ったがアヤックスは1週間を準備に費やした。準備期間が長ければリスクは避けられる。我々が戦った土曜日の試合はとてもタフだったが、それを言い訳にはできないよ。それが現実なんだ。我々が1週間の準備期間をセミファイナルに向けて費やせたとして、アヤックスが土曜に試合があったとのなら、それでも私はハッピーではないだろう。チャンピオンズリーグ・セミファイナルに到達したのなら、両チームの準備期間を同じにするのが最もフェアな方法だろう。しかし、この状況だ。なるようにしかならないよ。それでも、ファンタスティックなセミファイナルになるだろうね。我々は勝利を目指してベストを尽くし頑張るが、準備期間が短かったことを言い訳にはしないよ。

 

土曜日のスパーズは特に後半に疲れが見えたが…

なぜだ?我々はウェストハムおりも4kmも多く走っていたよ。114kmと110kmだ。試合に負けた理由を「疲れていた」と片付けるのは簡単だ。間違っているよ。我々は問題ない。勝利の糸口を見いだせなかっただけさ。前半は彼らよりも我々のほうが優れていたがゴールを決められず。後半は相手のほうが攻守の切り替えに優れ、チャンスを作っていた。我々が失点をして、ゴールを奪うのが難しくなったが、問題は我々の疲労では無い。ゴール前での決定力が相手にはあり、我々はチャンスを作ったが決めきれなかったんだ。

 

歴史的快挙となる大舞台で選手は奮起する?

それは必須だね。エネルギーさ。セミファイナルだからね。トッテナムがセミファイナルを戦うのはそうそうあることではない。不可能な状況を好転させ、準備を整えなければならない。

疲労などを見せることができない試合だよ。エキサイトしないわけがない試合っだ。すべてはメンタルだよ。エネルギーが当然こみ上げるだろう。90分間でベストを出し尽くすだけのエネルギーが生まれるよ。

だが、フットボールは競技であり、集中を切らすこと無く相手よりも優れなければならない。勝利するためには相手よりもクオリティを発揮する必要があるんだ。

 

アウェイのシティ戦では3ゴールを決めたがアウェイのセカンドレグの方がプレーしやすい?

想像できないよ。この試合にまず集中することさ。明日の試合を戦い、その後にセカンドレグのことを考えるよ。準備することも考えなきゃいけないこともいっぱいさ。まずは明日、試合をスタートさせることだね。試合中に起こりうるすべての状況への準備を整えなければいけない。考え、話し、準備を整えることができるが、試合が始まってしまえば予想外のことがいっぱい起こるのさ。その試合の現実に立ち向かう準備を整えるんだ。もちろん、戦いは2つの試合で決する。明日がファーストレグだ。その試合に向けどのような準備をしてどのような入り方をして、どのように試合をコントロールするかだ。90分の試合に向けて準備する方法はいつだって変わるんだ。90分間の試合を如何にコントロールするかが重要だが、セカンドレグがあることも分かっているよ。