/マウリシオ・ポチェッティーノ:CLのアヤックス戦(1st Leg)を控えての記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:CLのアヤックス戦(1st Leg)を控えての記者会見(動画付)

ポチェッティーノの記者会見:ハリー・ケインの復帰時期、パジャマのダニエル・レビィなど。チャンピオンズリーグ・セミファイナルのアヤックス戦を控えてのマウリシオ・ポチェッティーノ監督のコメント全文。

 

 

ケインとソンが不在で誰がゴールを決めるのか?

ここに到達できたのは、我々がチームとして戦ってきたからだという事実が大事なんだよ。そしてこの試合もそうする。誰が得点しようとかまわない。確かに選手全員が万全ではない場合には問題は残るがね。だが我々がどうやってここまで到達したか。それは戦い抜いてきたからだ。どんなビッグチーム相手にでもチームとして立ち向かって来た。だからこそ我々はここにいるんだ。この大会で今シーズン、試合の一つ一つを見れば分かるが、我々はビッグチームを相手に負傷で欠場した選手を入れ替えて、その中で戦い抜いて、今ここいる。だから何も心配していないよ。それが今の我々の心境だ。常にチームとして戦い抜いて行くんだ。我々の強みはこういうメンタリティを持っていることだよ。最も重要なことだ。

 

ハリーの離脱で他の選手が責任感を強く持って立ち向かって行ける?

いいや、それはたまたま起こったことだよ。選手全員がフィットしていればそれがベターだし、より強力だ。どんな監督にとっても、選手の選択の幅が多い方がいいよ。これは偶然だね。統計結果はどうにでも判断できるが、ハリー・ケインは我々のベストの選手の一人で、彼がいないのは痛手になる。チームにより有効なオプションを与えられない状態だよ。プランBを採用したり、違ったスタイルでプレーすることができない。解決方法を探さなければいけない。とても限られた状況でのプレーになる。だが信念はいつでも高く保っているよ。

 

あなたは「本当に欲しいのは2つのトロフィーだけ」と常に言ってきた。プレミアリーグとチャンピオンズリーグ…

いやそれは違うよ。この5年間同じように言ってきたが、もう一度言うよ。FAカップもカラバオ・カップもチャンピオンズリーグやプレミアリーグと同じように欲しい。本当に申し訳ないが、私の言葉尻をひねるのが問題なんだよ。クラブをさらに上のレベルに押し上げてレアル・マドリーやバルセロナのようになろうと求めるのなら、カップ戦でトロフィーを一つ獲るよりはチャンピオンズリーグのような大会の常連であること、またはプレミアリーグで優勝を目指すことが大事なんだ。そうすることによって、目標の最終段階に到達する可能性がでてくる。トッテナムはいつの日かそこに達するよ。カラバオ・カップやFAカップを獲ることは誰にとってもファンタスティックだが、単に一つのトロフィーに過ぎない。このチームをマンチェスター・ユナイテッドやシティ、レアル・マドリー、バルセロナのレベルに押し上げるものではない。そこがポイントなんだ。もちろんトロフィーは喉から手が出るほど欲しいよ。FAカップやカラバオ・カップのトロフィーでもね。そのためここで5年間戦い続けてきた。あと一歩のところまで来たが、あいにく達成されていない。次の機会を待つよ。

 

ファイナルまであと1つの現状を信じられるか?それで次のレベルに達する?

我々はセミファイナルを戦うという素晴らしい機会を得ている。そうそうあることではない。特に我々のようなクラブにとってはね。チャンピオンズリーグでの初めてのセミファイナルだ。だからこそこの大会や対戦相手へのリスペクトを見せなければいけない。タフな試合になるだろうからね。アヤックスはこの場に全く相応しいチームだ。かなり拮抗した試合になると思うよ。

ルーカスは英語での会見で緊張していたようだが勇気を見せた。初体験となるこの試合でチームに期待するのはその勇気か?

良い例だね。チームがどう感じているかを完璧に表現していると思うよ。最も大事なのは何を創造するか、全てが可能で望むもの全てを達成できると信じる精神なんだ。出場不可の選手がいるのは痛手になるだろうが、大切なのはチームとして一丸となれば全てを手に入れられると心の底から感じることなんだ。それこそが我々の武器であり、チームとしての考えであり、言葉の上だけでは作り出せないものなんだよ。ルーカスは本当によくやったね。英語はとても上手いんだが、こういう場でリラックスして話すのはそうそうできることじゃないよ。でも彼はそれを立派に乗り越えたし、明日は我々も素晴らしい試合を満喫してファンに素晴らしいパフォーマンスを見せ、勝利に近づきたいものだね。魔法のような夜になるよ。我々の新スタジアムでセミファイナルを戦うんだ。数ヵ月前には誰も思ってもいなかっただろう。だが我々はここにいる。その重みを感じているよ。だが、興奮やモチベーション、幸福の方が、責任感より遥かに上回っていると思うね。