/マウリシオ・ポチェッティーノ:アーセナル戦に向けての記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:アーセナル戦に向けての記者会見(動画付)

 

選手たちはこれまでのエミレーツでの悪い戦績を変えようと結束している?

イエス。ここまでのメンタリティはとても良いよ。あとは、しっかりと仕事をすることだね。我々は信念を持って戦えているし、フットボールにおいて最も重要なことだ。どのチームであっても敵地であろうがホームであろうが倒せるというその信念を今の我々チームが持っていることが最も大きいんだ。パフォーマンスは良い時もあればそうじゃない時もある。運が味方してくれることもあればそうじゃない時もあるが、適切なメンタリティがあればどうにでもなるもんだよ。

 

ウェンブリーから離れて戦うのは安心か?

あなたの質問の意味が分からないが、私が言えるのはウェンブリーでもハッピーだよ。もちろん、ピッチ状態はベストではないが、この時期のイベントを考えれば、ウェンブリーのピッチ状態はやむを得ないことだし、ウェンブリー側の落ち度ではない。我々は受け入れるしかないことだよ。

チェルシーやインテルと戦った時は、相手チームと同じ環境だったんだ。もちろん、より良いピッチで戦いたいが、ウェンブリーのせいじゃない。我々のスタジアムの準備が整っていないことが原因なんだよ。

 

ムサ・シソコの覚醒の秘訣は?

私にとってトッテナムがすべての選手の成長のために与えている環境を軽視することはできないね。彼だけじゃない。キーラン・トリッピア、デレ・アリ、エリック・ダイアー、サイドバックの選手たちは、ダニー・ローズもカイル・ウォーカーも、そこで代表選手に育っていった。ハリー・ケインもね。

今回は、ムサ・シソコについての質問だが、トッテナムが整えている環境は、すべての選手の成長にとって凄まじい機会を創出しているし、それを認識すること、過小評価しないことは重要だね。この4年半で選手たちがどれだけ成長したか。トッテナムが選手たちのために整えた環境は、大きな称賛に値するよ。

 

リーグ首位のシティと勝ち点差5だがタイトルの挑戦者か?

順位表で我々はとても良い位置につけている。昨シーズンの今頃は、6ポイントほど少なかったが今シーズンは大きく改善したね。昨シーズンよりもトップとの差は縮まっている。タイトル候補とは言えないね。マンチェスター・シティは別次元だし、リバプールやチェルシーも同じだ。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナルもね。それらのクラブは我々よりも多くの投資をしているし、違うレベルにある。彼らこそがタイトル候補たる実力を発揮すべきだし、タイトル候補だろう。我々よりもね。しかし、我々もそこに分け入っている。今シーズンの終盤に差し掛かり、我々が順位表で良い位置にいれたなら、我々はチャレンジするよ。

しかし、フットボールは自分たちのクオリティへの信念が大事だ。そして、試合に向けて正しい姿勢、正しい方法で準備を進めること。それでどんなことでも可能になるさ。