/マウリシオ・ポチェッティーノ:クリスタルパレス戦を控えての記者会見

マウリシオ・ポチェッティーノ:クリスタルパレス戦を控えての記者会見

今は少なくとも1月まではクリスチャン・エリクセンを手元における。彼はハッピーか?

ハッピーだよ。彼はいつでもハッピーだ。ここでハッピーじゃないとは一度も言ったことがないよ。もちろん誰でも目指すところはある。目標やゴールや挑戦がね。アーセナル戦の前にも言ったけど、彼の心構えはしっかりしたもので、だから彼を起用したんだ。

彼は常に我々にとって重要な選手だった。この6シーズン、我々はいつも彼貢献の恩恵に授かってきた。彼のクウォリティは何時も変わることなくチームにとって重要なものだった。彼はハッピーだし、我々が起用するに値すると判断すれば彼はプレーするだろう。彼の契約が残り1年を切っているからと言って我々の決断が変わるわけじゃない。全てはパフォーマンス次第だよ。

エリクセンは先発メンバーを決める際のファーストチョイスか?

それぞれの選手がまったく異なる状況に置かれていると私は説明してきた。移籍マーケットが終わるまでに、解決しなければならないことがいくつもあったが、彼もその1つだったんだ。

私たちが期待するパフォーマンすができる状態でないと考えれば、他の選手を起用することもあった。だが、アーセナル戦の前に言ったとおり、彼は戦える準備が整っていたと私たちは考えていたよ。

イングランド代表で4ゴールを決めたハリー・ケインを世界最高のPKキッカーだと称賛する声があったが、その後にPKを失敗した…

そういったこともあるだろう。話題になっているところで、その逆のことが起こることもね。

世界最高のPKキッカーか?

わからないよ。彼が最高なのかどうかは私には判断できない。私にとってはもちろん彼が世界最高のレベルにあるよ。最高? わからない。優れているが、実際のところ最高なのかはわからないよ。

ハリー・ウィンクスはイングランド代表でプレーしなかったが驚いたか?

いや。同業者である監督を私は批評しないよ。同業者には最大の敬意を持っている。ほかの監督の判断を私がジャッジすることはない。私だって、他の監督に批評されたくないからね。監督の判断だ。それに対して私の意見はないよ。

Tottenham Hotspur