/マウリシオ・ポチェッティーノ:ACミラン戦の後の記者会見

マウリシオ・ポチェッティーノ:ACミラン戦の後の記者会見

OK、マルセロは私の父親のような存在だ。第2の父親だよ。彼との関係は、私が12か13の頃に始まった。もちろん、私が彼について話す言葉はすべてがポジティブなものだよ。私のやる気や望みとしては、彼がリーズを好転させて、プレミアリーグに導く、ファンタスティックな仕事をしてもらいたいね。もちろん、それが私の願いだ。彼は素晴らしい指導者だ。いつも彼のことは大好きだし、私のキャリアにおいてとても重要な人だったからね。

 

■いつワールドカップを戦った選手たちはトレーニングに合流する?

次の月曜の朝に、彼らはトレーニング・グラウンドで仕事始めだ。

 

■ニューカッスル戦で彼らはプレーする?

まず月曜に彼らの状態を見なければならない。おそらく、何人かはしっかりと自己管理ができていて、すでにトレーニングをしてきているだろうし、休息に専念していた選手もいるだろう。まずは見ないといけない。もちろん、まだ準備が整っていない選手をプレーさせるリスクは取るつもりはないので、開幕戦では招集しないよ。そこはハッキリとさせておく。

だが、今後、どうして招集したのか、どうして招集しないのかを聞かないでもらいたい。今日の段階でハッキリさせておくのは、準備ができていない選手は招集しないし、理由はリスクを取るつもりはないからだ。

もちろん、それは我々の失敗ではない。現実を受け止めて、我々は決断を下す。その決断が、序盤戦でチームの戦績に繋がらないかもしれないが、ワールドカップの後だけに、選手たちを守る必要がる。最短でも20日間の休暇を取り、フットボールから距離を置く必要がある。それが現実であり、我々にとって大きな挑戦でもある。このようなことを我々は経験したことがないので、十分に注意深くなる必要があるからね。

リスクは取れないし、選手たちを悲しませることはできないからね。最善の方法で彼らに気を配り、彼らを支えて、急かさずに準備ができてからプレーさせるようにするよ。

 

Tottenham Hotspur